kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GNOME Shell、GDM、Waylandセッションのテストに協力を

「Ubuntu Desktop 17.10」では、これまでにない多くの変更が計画されています。


これまでに何度も紹介していますが、「Ubuntu Desktop 17.10」では以下の大きな変更が行われます。

  • UnityからGNOME Shellに置き換え
  • LightDMからGDMに置き換え
  • Waylandセッションの採用

開発チームではこれら大きな変更の品質確保に向け、テストの協力を呼びかけています。


「Ubuntu Desktop 17.10」は現在開発中であり、2017年10月19日のリリースを予定しています。
リリースはまだまだ先であり、先月「Artful Aardvark α1」がリリースされたところです。

そのため完全なテストには向いていませんが、様々なセットアップ(各種設定)に関するテストは有効です。

特にテストして欲しいところ

開発チームでは、特にテストして欲しい点を挙げています。
いずれのテストも、仮想マシンより実機でテストした方が良いでしょう。

1.Waylandセッション

ログイン画面で「Ubuntu on Wayland」を選択してログインすると、Waylandセッションでログインします。


日常的にWaylandセッションを利用して、何か不具合がないかチェックします。

2.サスペンドとリジューム

サスペンドとリジュームを行い、問題なくサスペンド及びリジュームが可能かどうかテストします。

3.ネットワーク

ネット―ワークへの接続や無線LANと有線LANの切り替えを行い、問題なくネットワークに接続できるか、及び通信できるかテストします。



4.Bluetooth

Bluetoothデバイスと問題なく接続でき、かつ期待通りに動作するかテストします。
特にオーディオデバイスが期待通りに動作するかテストします。


5.外部ディスプレイ

外部ディスプレイを所有しているなら、外部ディスプレイを接続し、問題なく画面が表示されるかテストします。

ディスクイメージのダウンロード

「Ubuntu Desktop 17.10」のディスクイメージは、以下からダウンロードしてください。


テストを行う時は、「ソフトウェア更新」を起動しパッケージをアップデートしてからテストしましょう。

またもし不具合を見つけた時は、「Launchpad」で同様の不具合報告がないか調べると良いです。

不具合報告

不具合報告は、いつも通り「Launchpad」で受け付けています。

Waylandセッションの環境でのみ発生する不具合には、「wayland」タグを付けて不具合を報告してください。

また開発チームが不具合報告を見つけやすくするため、本件に関するすべての不具合報告に「julyshakedown」タグを付けて不具合を報告してください。

Waylandセッションに関する不具合

すでに報告されているWaylandセッションに関する不具合は、以下で調べることができます。


Bluetoothの既知の不具合

ログイン画面でスクリーンリーダーを有効にしても、Bluetoothオーディオデバイスから音声を出力できない不具合があります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション