kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 16251のWSLに関する変更点

2017年7月27日にリリースされた「Build 16251」の「WSL」に関する変更点の紹介です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の改善や変更

「Build 16251」で行われた機能の改善や変更です。

1.WSLからβがとれる

今まで「WSL」はβ版として提供されてきました。
「WSL」登場から約1年5ヶ月近くが経ち、ついに「WSL」からβがとれました。


2.ptraceのサポート改善

ptraceに以下のサポートが追加されました。

  • PTRACE_O_TRACEEXIT  
  • PTRACE_GETFPREGS
  • PTRACE_GETREGSET(with NT_FPREGSET)

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


不具合の修正

「Build 16251」で行われた不具合の修正です。

1.UID/GIDに関する不具合の修正

バイナリー実行時、保存UID(set-user-ID)及び保存GID(set-group-ID)の初期化を正しく行うように修正されました。

これにより改善する問題は、以下を参照してください。



2.ptraceが無視されたシグナルで停止する問題の修正 

ptraceが無視されたシグナルで停止する問題が修正されました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:768(前回:737)
  • テストに失敗した項目数:244(前回:255)
  • テストをスキップした項目数:96

 テスト結果は、以下を参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション