kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 16257のWSLに関する変更点

2017年8月2日にリリースされた「Build 16257」の「WSL」に関する変更点の紹介です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


WSLの機能の改善や変更

「WSL」に関する機能の改善や変更です。

1.prlimit64システムコールの実装

「prlimit64」システムコールが実装されました。

2.ulimit -nのサポート

ulimit -n(setrlimit RLIMIT_NOFILE)がサポートされました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.MSG_MOREのスタブ実装

TCPソケット向けにMSG_MOREのスタブ実装が行われました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


WSLの不具合修正

「WSL」に関する不具合の修正です。

1.AT_EXECFNの修正

AT_EXECFN指定時の振る舞いが修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.コピー&ペーストの動作修正

コンソール及びtty上でコピー&ペースト実行時、文字が正常にペーストできない問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.tcgetpgrpの修正

tcgetpgrp(TIOCPGRP)の振る舞いが修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


4.lseekの修正

LxFs内でlseekがディレクトリーをrewindする振る舞いが修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


5./dev/ptmxがロックされる問題の修正

高負荷の後/dev/ptmxがロックされる問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


コンソールの機能の改善や変更

コンソールに関する機能の改善や変更です。

1.カラースキームの刷新

カラースキーム(配色)が新しくなりました。
詳細は、以下を参照してください。


コンソールの不具合修正

コンソールに関する不具合の修正です。

1.水平線や下線が不正に描画される問題の修正 

水平線や下線が不正に描画される問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.プロセスの列挙順の修正

プロセスの列挙順が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


システムコール

以下のシステムコールが新たにサポートされました。

  • prlimit64

 すべてのパラメーターとの組み合わせが現時点でサポートされているとは限りません。

システムコールの実装状況

システムコールの実装状況は、以下のようになっています。


Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。
  • テストに合格した項目数:768(前回:768)
  • テストに失敗した項目数:244(前回:244)
  • テストをスキップした項目数:96

「Build 16251」から変更ありません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション