kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

27件の不具合を修正したUnity

「Ubuntu 16.04」向けに27件の不具合を修正した「Unity」をリリースするため、テストの協力が呼び掛けられています。



この不具合修正作業は「Unity」のメンテナンス作業の一環で行われた作業であり、内部コードの見直しなどリファクタリング作業も行われています。

少しでも早くこのアップデートを多くのユーザーに提供するには、テストの協力が必要です。


Unityスタック

一口に「Unity」といっても、「Unity」を構成するソフトウェア(パッケージ)は複数あります。
これらのソフトウェアを纏めて「Unityスタック」と表現しています。
今回のアップデートでは、以下のパッケージがリリースされています。


修正された不具合

以下の不具合が修正されています。

  1. Bug 961679: gtkrc is producing light menus from dark elements1
  2. Bug 1311316: After locking screen there is no input field to type password for unlock1
  3. Bug 1316862: Panel mouse events don’t make the fade-to-blank stop
  4. Bug 1321075: It’s impossible to exit from screensaver if a menu or an application grabs the screen
  5. Bug 1504870: compiz crashed with SIGSEGV in unity::menu::Manager::Indicators() when trying to switch to full screen game crusader kings II
  6. Bug 1530277: gtk-window-decorator incorrectly draws the title bar if GDK_SCALE is set2
  7. Bug 1532508: Screen shown briefly after opening closed laptop lid, before even unlocking
  8. Bug 1575452: Copy/move dialog cannot be switched to in Xenial
  9. Bug 1600389: Keep the screen locked if autologin or nopasswdlogin is enabled
  10. Bug 1606369: Compiz ‘Thumbnail Window Previews’ artefacts (further fix +)
  11. Bug 1609845: sudo ubuntu-sdk … open project … click to file right key mouse “Show Containing Folder” . a folder shortcut in unity sidebar is not active
  12. Bug 1614597: LIM Menu keyboard navigation is broken when mouse enters in new menu1
  13. Bug 1618405: Adjacent menu opens when moving from an indicator icon to its dropdown menu in LIMs and Lockscreen
  14. Bug 1622995: /usr/bin/compiz:11:sigc::internal::slot_rep::slot_rep:sigc::internal:: typed_slot_rep:sigc::slot1:sigc::slot:unity::launcher::Options::Options
  15. Bug 1637991: Force quit dialog is misplaced on hidpi monitors
  16. Bug 1645507: Unity crashed on oif::frame::Property::GetProperty1
  17. Bug 1649736: unity picks poor hidpi scale factor defaults
  18. Bug 1659847: /usr/bin/compiz PluginClassHandler:PluginClassHandler:unity::UnityScreen::OnTerminateSpread sigc::internal::signal_emit0:sigc::signal0
  19. Bug 1664205: Copy-paste and text selection doesn’t work when caps-lock is on
  20. Bug 1666359: Lock screen doesn’t cover entire desktop on HiDPI display with draw-user-backgrounds unchecked
  21. Bug 1668950: Unity doesn’t provide an easy way to enable/disable the low graphics mode
  22. Bug 1671432: Global application menu does not follow mouse move for displaying submenus in multi-monitor setups
  23. Bug 1673950: Tooltips in the Unity launcher have a wrong padding and position1
  24. Bug 1680927: Neko mode in Unity is not working anymore since 14.041
  25. Bug 1700859: Some effects are still present when low-gfx mode is enabled
  26. Bug 1702297: Compiz ignores _MOTIF_WM_HINTS set from xprop
  27. Bug 1702701: If the background file does not exists, the lockscreen draws a transparent background 

テストするには

テストする方法です。

注意

アップデートされた「Unityスタック」を導入するには、「proposed」リポジトリーを有効にする必要があります。
「proposed」リポジトリーは、開発者やテスター向けに提供されているリポジトリーであり、十分なテストが行われていないパッケージが配置されています。


そのため「proposed」リポジトリーは、安定性を重視する環境で利用するリポジトリーではありません。
元に戻す方法も含めよく分からなければ、「proposed」リポジトリーを有効にしないでください。

1.proposedリポジトリーを有効化

「ソフトウェアとアップデート」を起動し「開発者向けオプション」タブをクリックします。
以下の画面が表示されるので、「プレリリースされたアップデート」を有効にします。


2.パッケージのアップデート

「ソフトウェアの更新」を起動し、パッケージをアップデートします。


アップデートが完了したらPCを再起動します。
後は上記の不具合が修正されているか、「Unity」は期待通り動作するかテストします。
不具合報告は、以下を参考にすると良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション