kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

.NET Core 2.0.5がリリースされました

2018年1月9日に、「.NET Core 2.0.5」がリリースされました。


「.NET Core」は汎用的な開発プラットフォームであり、GitHub上のコミュニティー及び「Microsoft」によって開発が行われているソフトウェアです。

クロスプラットフォームでオープンソース

「.NET Core」はクロスプラットフォームで提供されており、Windows、macOS、そしてLinuxで利用可能です。
またオープンソースで開発されているプロジェクトであり、MIT及びApache 2ライセンスを採用しています。

.NET CoreがサポートしているUbuntuのバージョン

現時点で「.NET Core 2.0.5」がサポートしている「Ubuntu」のバージョンは、以下の通りです。

  • Ubuntu 14.04
  • Ubuntu 16.04
  • Ubuntu 17.04
  • Ubuntu 17.10

いずれも64bit版のみが対象です。
他のOSのサポート状況や詳細は、以下を参照してください。


リリース情報

「.NET Core 2.0.5」のリリース情報です。


「.NET Core 2.0.5」は、以下のコンポーネントで構成されています。

  • .NET Core Runtime 2.0.5
  • .NET Core SDK 2.1.4

通常リリース

「.NET Core 2.0.5」は、通常リリースとなります。
つまりLTS版ではないということです。
「.NET Core 2.0.5」のサポート期間については、以下を参照してください。


ドキュメント

「.NET Core」に関するドキュメントです。


Ubuntuに.NET Core 2.0.5をインストールするには

「Ubuntu」に「.NET Core 2.0.5」をインストールする方法です。
作業は「端末」で行います。

1.〜5.インストール準備

以下を参考にして「1.」〜「5.」の手順を実行します。


6..Net Coreのインストール

「.Net Core」のインストールは、ランタイムのみインストールする方法と、SDKとランタイムをインストールする方法があります。

ランタイムのみインストールする場合

以下のコマンドを実行し、「.Net Core」をインストールします。

sudo apt-get install dotnet-runtime-2.0.5

SDKとランタイムをインストールする場合

以下のコマンドを実行し、「.Net Core」をインストールします。

sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1.4


以上で完了です。
以下のコマンドを実行すれば、「.NET Core SDK」のバージョンが表示されます。

dotnet --version


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション