kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04にSQL Serverコマンドラインツールをインストールするには

「Ubuntu 16.04」に「SQL Serverコマンドラインツール」をインストールする方法です。



「SQL Serverコマンドラインツール」をインストールすれば、以下のツールを利用できるようになります。

sqlcmd

「sqlcmd」は「SQL Server」に接続し、データベースの作成やクエリー等の操作を行うコマンドラインツールです。


「sqlcmd」の使い方は、以下を参照してください。


bcp

「bcp」は、「SQL Server」からデータをエクスポートしたり、外部ファイルからデータをインポートするためのコマンドラインツールです。


「bcp」の使い方は、以下を参照してください。


1.リポジトリーの認証鍵の登録

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの認証鍵を登録します。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -


2.リポジトリーの追加

以下のコマンドを実行し、「SQL Serverコマンドラインツール」のリポジトリーを追加します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list


3.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


4.SQL Server 2017のインストール

以下のコマンドを実行し、「SQL Serverコマンドラインツール」をインストールします。

sudo apt-get install mssql-tools unixodbc-dev


インストール中に以下のようにライセンスの同意確認が表示されます。
ライセンスに同意できるなら「Tab」キーを押して「はい」を選択し、「エンター」キーを押してください。



以上でインストールは完了です。

ツールにパスを通す 

各ツールは「/opt/mssql-tools/bin/」にインストールされます。
デフォルトではこのフォルダーにパスが通っていないため、以下のコマンドを実行しパスを通しておくと楽でしょう。

echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc


パスを反映するため「端末」を再起動するか、以下のコマンドでを読み込み直してください。

source ~/.bashrc

SQL Serverに接続してみる

「SQL Server」が起動していれば、以下のコマンドで「SQL Server」に接続できます。

sqlcmd -S localhost -U SA -P 'SAのパスワード'



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション