kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

SQL Server 2017

2017年10月2日、「SQL Server 2017」がリリースされました。
またその後3回マイナーアップデートが行われ、現在最新版の「SQL Server 2017」は「SQL Server 2017  Cumulative Update 3」です。 


リリースノート

「SQL Server 2017」のリリースノートです。


サポートしているUbuntuのバージョン

現時点で「SQL Server 2017」がサポートしている「Ubuntu」のバージョン及びシステム要件は、以下の通りです。

項目 要件
OS Ubuntu 16.04 64bit版(amd64)
CPU 2コア2GHzのCPU
メモリー 2GB
ディスク 6GBの空き容量
ファイルシステム EXT4

「Network File System(NFS)」を利用している場合、以下の制約があります。

  • NFS 4.2以降を利用していること
  • マウントボリューム上の「/var/opt/mssql」のみ利用可能であり、「SQL Server」のシステムファイルなど他のファイルはサポートされない。
  • マウント時、「nolock」オプションの指定が必要

また現時点で「WSL」はサポートされていません。

Ubuntu以外のLinuxのサポート状況

「Ubuntu」以外の「Linux」のサポート状況については、以下を参照してください。


3種類のリポジトリー

「SQL Server」には、以下の3種類のリポジトリーがあります。


リポジトリー リポジトリー名 概要
Preview mssql-server SQL ServerのCTP版やRC版が提供されるリポジトリー。
本リポジトリーでSQL Server 2017はサポートされていない。
CU mssql-server-2017 SQL Server 2017 Cumulative Updateが提供されるリポジトリー
GDR mssql-server-2017-gdr SQL Server 2017 GDRが提供されるリポジトリー

「Preview」リポジトリーは安定版(GA版)が出る前の「SQL Server」が配置されます。
そのためすでにGA版がリリースされている「SQL Server 2017」では、「CU」リポジトリーか「GDR」リポジトリーを利用することになります。

CUとGDRの違い

「CU」では、不具合の修正や機能の改良など積極的なアップデートが含まれた「SQL Server」が提供されます。

一方「GDR」では、致命的な不具合の修正やセキュリティーアップデートのみ含まれた「SQL Server」が提供されます。
「GDR」で行われたアップデートは、「CU」でも取り込まれます。

「GDR」から「CU」への切り替えはいつでも可能ですが、「CU」から「GDR」への切り替えはサポートされません。

Ubuntu 16.04にSQL Server 2017をインストールするには

「SQL Server 2017」をインストールする方法です。
ここでは例として「Ubuntu 16.04」に「SQL Server 2017 CU」をインストールします。


1.既存のリポジトリーの削除

「Preview」リポジトリーを利用している場合など、他のリポジトリーに切り替える場合は、まず既存の「SQL Server 2017」のリポジトリーを削除する必要があります。


「ソフトウェアとアップデート」から既存のリポジトリーを無効化もしくは削除するか、以下のコマンドを実行し既存のリポジトリーを削除します。

Preview


sudo add-apt-repository -r 'deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/mssql-server xenial main'

CU


sudo add-apt-repository -r 'deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/mssql-server-2017 xenial main'

GDR 


sudo add-apt-repository -r 'deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/mssql-server-2017-gdr xenial main'

2.リポジトリーの認証鍵の登録

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの認証鍵を登録します。

wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -


3.リポジトリーの追加

以下のコマンドを実行し、「SQL Server 2017」のリポジトリーを追加します。


CU


sudo add-apt-repository "$(curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2017.list)"

GDR


sudo add-apt-repository "$(curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2017-gdr.list)"

4.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


5.SQL Server 2017のインストール

以下のコマンドを実行し、「SQL Server 2017」をインストールします。

sudo apt-get install -y mssql-server


SQL Server 2017のセットアップ

「SQL Server 2017」のインストールが完了したら、「SQL Server 2017」のセットアップを行います。

1.セットアップの実行

以下のコマンドを実行し、「SQL Server 2017」のセットアップを行います。

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup

2.エディションの選択

利用したい「SQL Server 2017」のエディションを選択します。
エディションごとに有料/無料及び機能が異なります。
エディションの違いについては、以下を参照してください。


無料で利用可能なエディションは、以下の3種類です。

  • Evaluation(試用期限あり)
  • Developer
  • Express


利用したいエディションの数値を入力して「エンター」キーを押します。
ここでは例として「3(Express)」を入力しました。

3.ライセンスの同意

ライセンスの同意確認が行われるので、ライセンスに同意できるなら「yes」を入力して「エンター」キーを押します。


4.言語の選択

言語を選択します。
「日本語」なら「6」を入力して「エンター」キーを押します。


5.SAパスワードの設定

SAパスワード(システム管理者のパスワード)を設定します。
パスワードは8文字以上で大文字・小文字が混在、かつアルファベット以外の文字が含まれている必要があります。


パスワードを入力したら「エンター」キーを押します。
この後確認のため、もう一度同じパスワードを入力して「エンター」キーを押します。

6.SQL Serverの起動

セットアップが完了すると、自動的に「SQL Server 2017」が起動します。
「SQL Server 2017」の起動状態を確認するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl status mssql-server


これで「SQL Server 2017」が利用可能になりました。
ちなみに「SQL Server」の起動を管理するコマンドは以下の通りです。

サービス停止


sudo systemctl stop mssql-server

サービス起動


sudo systemctl start mssql-server

サービスの再起動(停止と起動)


sudo systemctl restart mssql-server

その他のSQL Server関連のソフトウェア

その他の「SQL Server」関連のソフトウェアのインストールは、以下を参照してください。

  1. Ubuntu 16.04にSQL Serverコマンドラインツールをインストールするには
  2. Ubuntu 16.04にSQL Server Agentをインストールするには 
  3. Ubuntu 16.04にSQL Server Full-Text Searchをインストールするには 
  4. Ubuntu 16.04にSQL Server Integration Services (SSIS)をインストールするには

最低でも「SQL Serverコマンドラインツール」はインストールしておきましょう。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション