kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

VirtualBox 5.2.8がリリースされました

2018年2月27日に「VirtualBox 5.2.8」がリリースされました。


リリース情報

今回のリリースはメンテナンスリリースなので、不具合の修正が主な変更点になります。


いくつか変更点をピックアップします。

1.CPU機能がゲストOSで利用可能に

以下のCPU機能がゲストOSで利用可能になりました。

  • FSGSBASE
  • PCID
  • INVPCID

2.仮想マシンごとに録音ソースの区別が可能に

複数の仮想マシンが動作している時に、ホスト上のPulseAudioミキサーで録音ソースの区別が可能にになりました。

3.ビデオキャプチャー機能の改善

ビデオキャプチャー機能では、ファイルシークの動作改善や、Firefoxなど特定のプレーヤーで発生する再生に関する不具合が修正されました。

4.Linux 4.15のサポート改善

以下の問題が修正され、Linux 4.15のサポートが改善されました。

 

5.LinuxゲストOS利用時、画面がブラックアウトする問題の修正

3Dアクセラレーションを有効にした仮想マシンでLinuxゲストOSを利用している時、画面がブラックアウトする問題が修正されました。


6.その他の修正

他にも以下の修正が行われました。


VirtualBoxのアップデート

VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「ソフトウェアの更新」から「VirtualBox 5.2.8」にアップデートできます。


注意

「VirtualBox」をアップデートする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないか確認してください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップデートを行うと、アップデートに失敗します。

VirtualBox拡張パックのインストール

「VirtualBox」アップデート後に「VirtualBox」を起動すると、VirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。
画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。

ライセンス画面は一番下までスクロールしないと(ライセンスを読まないと)、次の画面に移れません。
パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は、「ファイル」メニューを開き「アップデートを確認」をクリックしてください。


自分でVirtualBox拡張パックをインストールする場合、「VirtualBox 5.2.0をインストールするには・Guest Additionsをインストールするには」を参考にしてください。

VirtualBox拡張パックのインストーラー削除

VirtualBox拡張パックインストール後、以下のようにVirtualBox拡張パックのインストーラーの削除画面が表示されます。


一度インストールすればインストーラーは不要なので、「削除」ボタンをクリックして削除すると良いでしょう。

VirtualBoxを新規にインストールする場合

「VirtualBox」を新規にインストールする場合は、「VirtualBox 5.2.0をインストールするには・Guest Additionsをインストールするには」を参考にしてください。

Ubuntu 17.10を利用している場合

「Ubuntu 17.10」を利用している場合、「開発コード(略名)」が「artful」になるためコマンドの入力内容に注意してください。

Guest Additionsをインストールしておく

仮想マシンに「Ubuntu」をインストールした後や「VirtualBox」をアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。

Guest Additionsのインストール方法

「Guest Additions」のインストール方法は、以下を参照してください。



Guest Additionsのインストール確認

「Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」から確認できます。



必要に応じて3Dアクセラレーションを有効にしておく

ゲストOSが「Unity」などOpenGLを利用する場合、仮想マシンの描画パフォーマンスが十分に出ないことがあります。
その場合仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にすると、パフォーマンスが改善されます。


ただしゲストOSが起動しない場合や、ゲストOSの画面がフリーズしたり崩れる場合は、3Dアクセラレーションを無効にすると良いでしょう。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション