kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Mirニュースレター(2018/5/11)

今週行われた「Mir」の開発作業の紹介です。



logindのサポート作業

以前紹介したように引き続き「logind」のサポート作業が行われており、テストを行える段階まできました。
まだソースコードのクリーンアップや多くのテストが必要ですが、ほとんどの実装はテストが可能な状態です。

「logind」のサポート作業が完遂すれば、「Mir」は既存のデスクトップアーキテクチャーに沿うように統合できるようになります。
つまり「GDM」といったディスプレイマネージャー(ログインマネージャー)から、他のデスクトップ環境のように「MirAL」や「EGMDE」ベースのシェルを起動できるようになります。

Waylandのサポート作業

引き続き「Wayland」のサポート作業が行われています。
「Wayland」のサポート作業は一朝一夕で終わる作業ではありませんが、着実に前に進んでいます。
以下の不具合の修正が行われました。



また「X11」 をサポートするための「XWayland」のサポート作業も継続して行われています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション