kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntuとフレーバーの比較

「Ubuntu」やフレーバーをメモリー消費量等のリソースやUI面で比較してみます。


比較対象のOSについて 

ここでは以下のOSを比較対象にしています。

  • Ubuntu
  • Kubuntu
  • Xubuntu
  • Lubuntu
  • Ubuntu Budgie
  • Ubuntu MATE

環境について

今回比較する「Ubuntu」及び各フレーバーは、以下の環境にインストールしています。

  • VirtualBox 5.2.12
  • 各OSは日本語環境にセットアップ済み
  • VirtualBox Guest Addtionsをインストール済み 
  • すべてのアプリ(パッケージ)をアップデート済み
  • OSのバージョンは18.04 64bit版
  • UEFIで通常インストール

あくまで「VirtualBox」上で比較した内容なので、各種数値は参考程度に留めてください。

比較内容と比較結果

「Ubuntu」及び各フレーバーの比較内容と比較結果です。

OS DE メモリー ストレージ UI OpenGL LTS 通常サポート
Ubuntu GNOME 916MiB 5.2GiB Windows 8 5年 9ヶ月
Kubuntu KDE 458MiB 6.1GiB Windows XP
Windows Vista
3年 9ヶ月
Xubuntu Xfce 407MiB 4.4GiB Windows XP
Windows Vista
3年 9ヶ月
Lubuntu LXDE 213MiB 3.4GiB Windows 98
Windows 2000
3年 9ヶ月
Ubuntu Budgie Budgie 626MiB 4.9GiB macOS 3年 9ヶ月
Ubuntu MATE MATE 390MiB 5.1GiB Windows XP
Windows Vista
3年 9ヶ月

各項目を紹介します。

DE

OSで採用されているデスクトップ環境です。

メモリー

メモリーの使用量です。
ログイン後にOSのデフォルトのアプリケーションランチャーから「端末」を起動し、「free」コマンドを実行した時に出力される値を元にしています。

「Kubuntu」のメモリー使用量の少なさは、特筆に値します。
「Kubuntu」ではデスクトップ環境に「KDE」を採用していますが、今までよく言われていた”重い”、”リソースを多く消費する”といった印象とは異なる値を示しており、過去の印象を払拭するのに十分な軽さになりました。

「Lubuntu」は相変わらず最軽量のOSとなっています。
メモリー使用量も少なく、性能が不十分なPCやPCのリソースを多くアプリに割きたいユーザーにお薦めです。

ストレージ

ルートパーティション(OSをインストールしたパーティション)の使用量です。
EFIシステムパーティションやスワップパーティションは含まれません。

「VirtualBox Guest Addtions」のインストールや、「VirtualBox Guest Addtions」をビルドするためのパッケージ等を後からインストールしているため、素の状態だとストレージの使用量は表中の値よりも少なくなります。

また最小インストールに対応しているOSでは、さらにストレージの使用量が少なくなります。

UI

「UI(デスクトップ環境)」の構成を他のOSで表現しています。
あくまで見た目や使い方が似てるというだけであり、他のOSの使い方とは必ずしも一致しません。
ユーザーが持つであろう印象を他のOSに当てはめただけに過ぎない点は留意ください。
(強いて当てはめるなら、ということです。)

「Windows」で言うところのスタートメニュー(アプリケーションランチャー)や、タスクバーの構成等を対象にしています。

またOSによってはUIレイアウトを自由に変更できるため、カスタマイズ内容によりUI構成は大きく変わります。

OpenGL

「GPU」の3Dアクセラレーションの性能が高いほうが快適に利用できる場合は「○」と記述しています。
それ以外は「ー」と記述しています。

「Kubuntu」など一部のOSは、レンダリング方法のカスタマイズが可能なので、自分でパフォーマンスを調整することも可能です。
GPUの性能が高ければ、3Dを活用したより高度なレンダリングを行うことも可能です。

LTS

LTSリリースのサポート期間です。
表内の記述は、LTSリリースである「18.04」のサポート期間です。
「18.04」では、2018年4月がサポート期間の始まりとなります。

OSによりサポート期間が異なるため、注意が必要です。

通常サポート

通常リリースのサポート期間です。
表内の記述は通常リリースである「17.10」のサポート期間です。
現状通常リリースのサポート期間は、どのOSでも9ヶ月です。

各OSのディスクイメージをダウンロードするには

各OSの試用やインストールは、ディスクイメージをダウンロードするところから始まります。
各OSのリリースノートやディスクイメージのダウンロード方法は、以下を参照してください。


システム要件

次は各OSのシステム要件を比較してみます。

OS CPU メモリー ストレージ GPU
Ubuntu 2GHz 2コア 2GiB
4GiB推奨
25GiB XGA
256MiB GPUメモリー推奨
3D推奨
Kubuntu 1GHz 2コア 2GiB 10GiB XGA
Xubuntu 1GHz 0.5GiB
1GiB推奨
7.5GiB
20GiB推奨
XGA
Lubuntu Pentium 4
Pentium M
AMD K8
1GiB
2GiB推奨
8GiB
16GiB推奨
XGA
Ubuntu Budgie 1.5GHz 2コア 2GiB
4GiB推奨
10GiB XGA
Ubuntu MATE Pentium M 1GHz
Core 2 Duo 1.6GHz推奨
1GiB
2GiB推奨
9GiB
16GiB推奨
XGA
WXGA推奨
3D推奨

補足

OSによって要件の基準が異なるため、比較はあくまで参考程度に留めてください。
ユーザーがOS上でどのような作業を行うかにもよりますが、1ランクから2ランク上の性能を持つPCがお勧めです。

32bit版と64bit版のディスクイメージ

「Ubuntu」は「64bit版(x86-64)」のディスクイメージのみ提供しています。
それ以外のOSは、「32bit版(x86)」と「64bit版(x86-64)」のディスクイメージを提供しています。

ただし「18.10」以降「32bit版(x86)」の廃止が提案されており、「18.10」で「32bit版(x86)」が無くなる可能性があります。
また「Skype」や「Google Chrome」、「PowerShell」など、「32bit版(x86)」のリリースを行っていないサードパーティーが増加しています。

CPUについて

「PAE」に対応したCPUが必要です。
古いCPUでもない限り、「PAE」に対応しています。

まとめ

最後に用途別にお勧めのOSを紹介します。

軽量なOSを望む

軽量なOSを求めるなら、以下のOSがお薦めです。

  • Lubuntu
  • Xubuntu
  • Ubuntu MATE

高度なカスタマイズを望む

高度なカスタマイズを望むなら、以下のOSがお薦めです。

  • Kubuntu
  • Ubuntu MATE

またカスタマイズ性の高い以下のOSもお薦めです。

  • Xubuntu
  • Ubuntu Budgie

英語は嫌、日本語で

どのOSでも日本語の表示や日本語入力は可能です。
インストール作業も日本語で行なえますし、インストール時に日本語を選択すれば日本語環境が整います。

しかしUIのローカライズ状況を加味した場合、「Kubuntu」は英語表記のUIに遭遇する機会が他のOSより多めです。
またライブセッションが完全に日本語化されているOSは、「Ubuntu Desktop 日本語 Remix」のみです。

必ず試用を

使い勝手やパフォーマンス、カスタマイズなど、ユーザーがOSに何を望むのかはユーザー次第です。
そのため事前に各OSを試用してからインストールするOSを決めましょう。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション