kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Touchの開発状況(2018/6/3)

Ubuntu Touchの開発状況の紹介です。



Ubuntu Touchとは

「Ubuntu Touch」は、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス向けに最適化されたOSです。
「Ubuntu Touch」は「Ubuntu」ベースのOSであり、「UBports」コミュニティーにより開発が行われています。


ロードマップ 

ロードマップの作成に関しては長い議論が行われており、まだ完成には至っていません。
しかし今週中にロードマップに関するアナウンスが行われる予定です。

新ブラウザーの開発

「Ubuntu Touch 16.04」で登場予定の「Chromium」ベースの新ブラウザーに関する情報が、以下に投稿されました。


「QtWebEngine」を採用したブラウザーであり、現在のブラウザーより品質が向上します。
既存のものよりも機能的でモダンなブラウザーになります。
現在新ブラウザーは開発中であり、まだ安定版にはなっていません。

また「Qt」の大量のバックポートが必要になっています。
「Debian」がその部分をリリースする予定であり、「Ubuntu Touch 16.04」では自身の「Qt」ではなく「Debian」がリリースする「Qt」を利用する予定です。

現在新ブラウザーは「Chromium 60」を利用していますが、将来的に「Chromium 64」へ移行する予定です。
これは「QtWebEngine 5.11」が「Qt 5.9」にバックポートされた時に行われます。

Dockerの活用

「Docker」の活用により、開発環境が改善されます。
現在「Docker」に移行する作業が行われています。


Matrixの通知システム

「push gateway」の導入し、ライブラリーと「push-helper」を用意し、「Matrix」の通知システムを利用できないか検討が行われています。
「Matrix」の通知システムは豊富な機能を提供しており、フィルター機能によりデバイスごとに通知を調整することができそうです。

Ubuntu Touch 16.04

「Ubuntu Touch 16.04」に関する情報です。

Ubuntu Touch 16.04の進捗

開発は一段落ついていますが、イメージ化はまだ行われていません。
クローズした不具合は進捗を直接表すものではなく、いくつかのアップデートは不具合により表示されません。
「OpenStore」からアップデートし「Update Settings」に戻れば、問題が解消するでしょう。

アプリ開発者の進捗は少しゆっくりとしています。
またすでに機能するアプリを「Xenial」チャンネルに移すスクリプトの開発が行われています。

「Ubuntu Touch 16.04」では、「Canonical」の古い「Stable Phone PPA」が削除されます。

デバイスごとのサポート状況

「Ubuntu Touch 16.04」で動作する機能と動作しない機能の情報が、近々各デバイスごとに以下で紹介される予定です。


現在最大の課題

「Ubuntu Touch 16.04」をリリースする上で最大の課題は、第一にブラウザーです。
次に課題となっているのは、debパッケージとClickパッケージの混在です。

また「Android」レイヤーでいくつか動作しない問題を抱えています。
他にも細々とした問題があり、「Nexus 5」に至ってはワイヤレスに関する問題があります。
「Canonical」の「Overlay PPA」の削除により、新たな不具合が発生しています。
開発チームは致命的な不具合の選別と修正を行っています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション