kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Raspberry Pi Imager

「Raspberry Pi Foundation」から「Raspberry Pi Imager」がリリースされました。


また「Ubuntu」では、以下で「Raspberry Pi Imager」を利用して「Ubuntu」を「Raspberry Pi」にインストールする方法を紹介しています。


Raspberry Pi Imager

「Raspberry Pi Imager」は、「Raspberry Pi」上で動作可能なOSのイメージを「microSDカード」に書き込むためのGUIツールです。


「Raspberry Pi Imager」を利用することで、もっと簡単に「Raspberry Pi」を活用できます。
「microSDカード」を挿入した「Raspberry Pi」を用意し「Raspberry Pi Imager」を起動すれば、簡単にOSをインストールできます。

Raspberry Pi Imagerのインストール

「Raspberry Pi Imager」のインストール方法です。

1.パッケージのダウンロード

以下のリンク先をブラウザーで開きます。


「Raspberry Pi Imager for Ubuntu」をクリックし、「Raspberry Pi Imager」をダウンロードします。


2.Ubuntuソフトウェアの起動

ダウンロードした「imager_amd64.deb」ファイルをダブルクリックします。


3.インストール

以下のように「Ubuntuソフトウェア」が起動するので、「インストール」ボタンをクリックします。


以上でインストール完了です。

4.Raspberry Pi Imagerの起動

デスクトップ画面左上の「アクティビティ」をクリックし、以下のように「Raspberry Pi Imager」を検索し、「Imager」をクリックします。


Raspberry Pi Imager

以下のように「Raspberry Pi Imager」が起動します。


「Raspberry Pi Imager」は、「raspberry-pi.com」から最新のオプションが記述されたJSONファイルをダウンロードします。
「CHOOSE OS」をクリックすれば、利用可能なOSの一覧や、「EEPROM」のリカバリー、SDカードのフォーマット、カスタムイメージの選択など、各種操作オプションが表示されます。


OSを選択すれば、OSイメージを直接ウェブサイトからダウンロードし、SDカードに書き込むことができます。
またダウンロードされたイメージはPCにキャッシュされるため、次回以降ダウンロード処理をスキップできます。

Ubuntuの選択

「CHOOSE OS」をクリックし、「Ubuntu」を選択します。
以下のように利用可能な「Ubuntu」の一覧が表示されます。


Ubuntuのイメージ

「Ubuntu」のイメージは「Canonical」がリリースしており、最新LTS版の「Ubuntu Server」や最新の「Ubuntu Core」などのイメージを、「armhf」や「arm64」アーキテクチャー向けにリリースしています。


また「Ubuntu MATE」でもイメージをリリースしています。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション