kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 20.04.3 LTSのリリース日変更

「Ubuntu」では、LTSリリースに限りポイントリリースを設定しています。
「Ubuntu 20.04 LTS」はLTSリリースであるため、ポイントリリースが設定されます。


今回3番目にリリースされるポイントリリースが「Ubuntu 20.04.3 LTS」です。

ポイントリリースとは

「Ubuntu 20.04.3 LTS」はポイントリリースと呼ばれ、「Windows」で言うところの大型アップデートに相当します。
(ただしWindowsのようにUI/UXが大きく変わることはありません。)

ポイントリリースでは、それまでのアップデートが含まれた状態でディスクイメージがリリースされます。
また「Ubuntu 20.04.3 LTS」以降のポイントリリースは、新しい「Linux kernel」や「Xスタック」が含まれるようになります。


ポイントリリースは、LTSリリースの「Ubuntu」にのみ設定されるリリースです。
慣例に従えば、ポイントリリースは「Ubuntu 20.04.5 LTS」までリリースされるでしょう。

すでに「Ubuntu 20.04 LTS」を利用しているユーザーは、普段通りに「ソフトウェアの更新」からソフトウェアをアップデートしていれば、「Ubuntu 20.04.3 LTS」がリリースされる頃に「Ubuntu 20.04.3 LTS」になります。

サポート期間は変わらない

サポート期間は「Ubuntu 20.04 LTS」がリリースされてから5年です。
従ってサポート期間に変化はなく、2025年4月までサポートが提供されます。
また3年間のサポートが提供されるフレーバーは、2023年4月まで利用可能です。

Ubuntu 20.04.3 LTSのリリース日

現在「Ubuntu 20.04.3 LTS」のリリース日は、2021年8月26日に変更されました。

 
つまり当初の予定より1週間後ろにずれました。

リリース作業の進捗

リリース作業の進捗は、以下を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション