kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

GNOME 40の採用

「Ubuntu 21.10」では「GNOME 40」が採用されます。



GNOME 40

「Ubuntu」はデスクトップ環境に「GNOME」を採用しており、「Ubuntu 21.10」では「GNOME 40」が採用されます。


「GNOME 40」は2021年3月24日にリリースされた1つ前のバージョンですが、「Ubuntu 21.10」で搭載される「GNOME 40」は、不具合の修正や機能の改善などマイナーアップデートが実施されているバージョンです。
「GNOME 40」の新機能や変更点は、以下を参照してください。


最新版の「GNOME 41」ではなく「GNOME 40」が採用された理由は、アップストリームの事情や都合と「Ubuntu 21.10」の開発日程が噛み合わなかったためです。


ちなみに次期バージョンの「Ubuntu 22.04 LTS」では、「GNOME 42」が検討されることになります。

NVIDIA GPUドライバーのサポート改善

「Ubuntu 21.10」ではNVIDIA GPUドライバー使用時に、Waylandセッションを利用できるようになりました。

Bluetoothのサポート改善

「Pulseaudio」が「Bluetooth」で使用される「LDAC」及び「AptX」音声圧縮コーデックに対応しました。
また「HFP」プロファイルに対応しました。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション