kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

systemd v249の採用へ

「Ubuntu 22.04 LTS」では「systemd v249」が採用される予定です。



systemd

「systemd」はシステムやサービス(デーモン)を管理するコアコンポーネントの1つです。
「Ubuntu」において中心的な役割を担っており、システムの統括的な機能を提供しています。


systemd v249

「systemd v249」は2021年7月7日にリリースされた現在最新版の「systemd」です。
「Ubuntu 22.04 LTS」では「systemd v249」が採用される予定です。


元々の計画では「systemd v250」が採用される予定でした。
しかし現時点でアップストリームから「systemd v250 RC版」がリリースされておらず、「Ubuntu 22.04 LTS」の開発スケジュール及びリスクを踏まえ「systemd v249」の採用が決定されました。

移行スケジュール

現在「Ubuntu 22.04 LTS」のリポジトリーでは「systemd v248」が採用されていますが、2021年12月7日に「systemd v249」へ移行する予定です。


もし何か問題があるなら知らせて欲しいとの事です。
また本件が「Ubuntu 22.04 LTS」の開発スケジュールに反映されました。


スポンサー
同一カテゴリーの記事
オプション