kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 22.04 LTSの既知の問題

リリースノートから「Ubuntu 22.04 LTS」の既知の問題を紹介します。


リリースノート

ここでは主に「Ubuntu Desktop」の内容を中心にピックアップします。
「Ubuntu 22.04 LTS」のリリースノートは以下で参照できます。


リリース情報

「Ubuntu 22.04 LTS」のリリース情報は、以下を参照してください。


システム

システム全体に関する既知の問題です。

1.ジャーナルファイルのフォーマット変更

「systemd」及び「journald」はデフォルトで「zstd」圧縮や「Keyed Hash」機能を使用するようになりました。
この変更はアップストリームの「systemd v246」から有効になっています。
「Ubuntu 22.04 LTS」では「systemd v249」を採用しており、この変更が取り込まれています。
そのためジャーナルファイルを以前の「Ubuntu」から読み込むことはできません。
この変更により発生する問題は、以下を参照してください。


以前の「Ubuntu」からジャーナルファイルにアクセスしようとすると、以下のようなエラーが発生します。

Journal file xxx.journal has unknown incompatible flags 0xc
Failed to open journal file xxx.journal: Protocol not supported

2.Grub Customizer

「Grub Customizer(grub-customizer)」を利用している環境で「Ubuntu 22.04 LTS」へアップグレードすると、アップグレード処理の最終段階(パッケージの自動削除)でアップグレードに失敗する可能性があります。
本現象の詳細は、以下を参照してください。


回避策は以下を参照してください。


Ubuntu Desktop

「Ubuntu Desktop」に関する既知の問題です。

1.ライブUSBから起動すると起動に時間がかかる

「BIOS」環境でライブUSBから「Ubuntu Desktop」を起動すると、「Ubuntu Desktop」が起動するまで最大10分かかる可能性があります。
「BIOS」環境でもインストール後の環境ならこの問題は発生しません。
この不具合の詳細は、以下を参照してください。


2.ライブDVDから起動すると起動に時間がかかる

ライブDVDから「Ubuntu Desktop」を起動すると、「Ubuntu Desktop」が起動するまで最大30分かかる可能性があります。
これはライブDVDに対してその中身に問題はないか、チェックが行われるためです。
この不具合の詳細及び回避策は、以下を参照してください。


この現象は起動オプションに「fsck.mode=skip」を指定すれば回避できます。

3.インストーラーがフリーズする

「Ubuntu Desktop」のインストーラーである「Ubiquity」が、NTFSパーティションをリサイズ可能かどうかチェックする処理でフリーズする可能性があります。
この現象は「アップデートと他のソフトウェア」画面から次の画面に移る際に発生する可能性があります。
もしこの現象が発生したらPCを再起動し、再度インストール作業を行ってください。
この不具合の詳細は、以下を参照してください。


4.FirefoxからGNOME Shell拡張をインストールできない

現在Snap版Firefoxは「NativeMessaging」プロトコルをサポートしていません。
そのため現状Snap版FirefoxからGNOME Shell拡張をインストールできません。
この修正は近日中に行われる予定です。


回避策として代わりに「gnome-shell-extension-manager」を利用してください。

5.FirefoxでPKCS#11を利用できない

現在Snap版FirefoxはPKCS#11スマートカードに対応していません。
FirefoxでPKCS#11スマートカードを利用している場合は、Snap版FirefoxがPKCS#11をサポートするまで「Ubuntu 22.04 LTS」へアップグレードしないでください。
この問題の詳細は、以下を参照してください。


6.NVIDIA GPU搭載PCでログインオプションにWaylandが表示されない

NVIDIA GPU搭載PCでログインオプションに「Wayland」セッションが表示されません。
この問題の詳細は、以下を参照してください。


7.AppImageを利用する場合、パッケージの追加インストールが必要

「AppImage」を利用する場合以下のコマンドを実行し、事前に「libfuse2」パッケージをインストールしておいてください。

sudo apt install libfuse2

この問題の詳細は、以下を参照してください。


8.デフォルトでリモートデスクトップ設定が有効になっているが、実際は無効になっている

「設定」の「共有」設定では、デフォルトでリモートデスクトップ設定が有効(オン)になっています。
しかし実際はリモートデスクトップは無効(オフ)になっています。

実際にリモートデスクトップを有効にするには、一旦リモートデスクトップの設定をオフにし、再度オンにしてください。
この問題の詳細は、以下を参照してください。


9.アップグレードがハングする

「Ubuntu 22.04 LTS」へアップグレードしようとすると、以下の不具合によりアップグレードがハングします。


現在修正作業が進められており、近いうちに修正される予定です。

Ubuntu Server

「Ubuntu Server」に関する既知の問題です。

1.zfs環境でmysqlをインストールできない

以下の不具合によりzfs環境でmysqlをインストールできません。


Raspberry Pi

「Raspberry Pi」に関する既知の問題です。

1.DSIディスプレイが動作しない

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Desktop」では、Full KMSグラフィックドライバーを使用します。
しかしFull KMSが有効な環境ではDSIディスプレイが動作しません。
この問題を回避するには「config.txt」ファイルを開き、「dtoverlay=vc4-kms-v3d」の設定を「dtoverlay=vc4-fkms-v3d」に変更してください。

2.USBポートが機能しない

「Compute Module 4」向け公式IOボードに搭載されているUSBポートが機能しません。
この問題の詳細は、以下を参照してください。


3.Firefoxの起動に時間がかかる

初回ログイン後Snap版Firefoxの初期化完了に数分かかります。
この問題の詳細は、以下を参照してください。


4.MMALベースのカメラスタックはサポートされない

「arm64」では従来のMMALベースのカメラスタックはサポートされません。
「arm64」でPi Camera Moduleは「libcamera」でサポートされています。

5.自動削除可能なパッケージが残る

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Desktop」で初期ユーザーセットアップを行った後、自動削除可能なパッケージがいくつか残ります。


自動削除可能なパッケージを削除するには、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt autoremove

6.オーディオ出力デバイスが適切に選択されない

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Desktop」では、起動する度に間違ったオーディオ出力デバイスが選択されます
不具合の内容や回避方法は、以下を参照してください。


7.カーネルモジュール

「initramfs」のサイズを削減するため、今まで「linux-modules-raspi」パッケージに含まれていたカーネルモジュールのいくつかが「linux-modules-extra-raspi」パッケージに移されました。
アプリがカーネルモジュールの不足により動作しない場合は、以下のように「linux-modules-extra-raspi」パッケージをインストールしてください。

sudo apt install linux-modules-extra-raspi

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション