kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

インストーラーの起動 〜 インストール方法の選択

「Ubuntu 22.04 LTS」のインストール作業です。


ここで紹介する内容は、以下の続きになります。

 

インストーラーの画面がディスプレイからはみ出す場合は

インストーラーの画面がディスプレイからはみ出す場合は、「Super」キー(Windowsキーのこと)を押しながらウィンドウをドラッグすれば、ウィンドウを移動できます。

1.インストーラーの起動

ドックからインストーラーをクリックしインストーラーを起動します。


2.言語選択画面

以下のように言語選択画面が表示されるので、「日本語」が選択されていることを確認して「続ける」ボタンをクリックしてください。


ここで「日本語」を選択しないとインストール後の言語環境が「日本語」にならないため注意してください。

3.キーボードレイアウトの選択

使用しているキーボードレイアウト(キー配置)を選択し、「続ける」ボタンをクリックしてください。


4.アップデートと他のソフトウェアの設定

以下の画面が表示されますので、各種設定を行います。


設定が終わったら「続ける」ボタンをクリックしてください。

4-1.あらかじめどのアプリケーションをインストールしますか?

選択肢によってプリインストールされるアプリの構成が変わります。

通常のインストール

オフィススイートや多くのユーザーが利用するであろうアプリがプリインストールされます。
特に初めて「Ubuntu」を利用するユーザーは、「通常のインストール」を選択すると良いでしょう。

最小インストール

ウェブブラウザーなど基本的なアプリのみがプリインストールされます。
「最小インストール」を選ぶとインストール後のストレージの使用量が減ります。

4-2.Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする

ソフトウェアにアップデートはつきものです。
特に理由がなければこのオプションは有効にしておきましょう。

4-3.グラフィックとWi-Fiハードウェアと追加のメディアフォーマットのサードパーティー製ソフトウェアをインストールする

いわゆるデバイスドライバーやメディアコーデックなど、サードパーティー製のソフトウェアをインストールするオプションです。
特に理由がなければこのオプションは有効にしておきましょう。

4-4.Configure Secure Boot

「UEFI」かつセキュアブートが有効な環境では、このオプションが表示されます。
インストール後の初回起動時にここで指定したパスワードを利用して、セキュアブートで使用する鍵(MOK)を登録します。
この鍵はユーザーがインストールするカーネルモジュールの署名に使用されます。

5.インストールの種類の選択

「Ubuntu」のインストール方法を選択します。
この画面の選択肢はストレージの内容によって異なります。


どれを選ぶか?

「それ以外」以外の選択肢を選択すれば、インストーラー側でパーティション構成を自動的に決めて「Ubuntu」をインストールしてくれます。
「Ubuntu」に不慣れなユーザーは「それ以外」以外の選択肢を選択するのが良いでしょう。

高度な機能について

選択肢によっては「高度な機能」を選択することができます。
LVMやZFSの利用をここで指定することも可能です。
ただしこれら高度な機能は一般ユーザーからは分かりにくい機能です。
特にトラブル発生時に高度な知識を要求されます。
これらの機能に馴染みがないユーザーは、高度な機能の利用は避けたほうが良いでしょう。

ここでは例として自分でパーティションを作成する

今回は例として「それ以外」を選択し、自分でパーティションを作成してみます。


パーティションの作成についても相応の知識が要求されるので、自信がなければ他の選択肢を選んだほうが良いでしょう。

6.パーティションの作成と構成

次はインストール作業の山場となるパーティションの作成と構成です。
「BIOS」と「UEFI」でパーティション構成が変わります。

6-1.BIOS環境

「BIOS」環境でパーティションの作成と構成を行う場合、以下を参照してください。


6-2.UEFI環境

「UEFI」環境でパーティションの作成と構成を行う場合、以下を参照してください。


スポンサー
同一カテゴリーの記事
オプション