kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

タイムゾーンの設定とインストール

「Ubuntu」のインストール作業の続きです。


ここで紹介する内容は、以下の続きになります。


1.タイムゾーンの設定

以下の画面が表示されるので、タイムゾーンの設定を行います。
既定で「Tokyo」になっているはずですので、そのまま「続ける」ボタンをクリックします。
もし海外に住んでいる場合、その地域を地図上から選択し該当する地域名を設定してください。


2.ユーザーアカウント

ユーザーアカウントの設定を行います。


各設定内容に問題がなければ、各項目の右側にチェックマークが表示されます。

2-1.あなたの名前

ユーザーのフルネームを入力します。
インストール後に設定を変更することもできます。

2-2.コンピューターの名前

PCのホスト名を入力します。
PCのホスト名は、ネットワーク上で識別されるPCの名前です。
入力できる文字は、英数字と一部の記号のみです。
インストール後に設定を変更することもできます。

2-3.ユーザー名の入力

ユーザー名を入力します。
こちらは「あなたの名前」と異なり、「Ubuntu」がユーザーを一意に識別するIDになります。
入力できる文字は、英数字と一部の記号のみです。

2-4.パスワードの入力

ユーザーのパスワードを入力します。
ログインする時などユーザーの認証に利用されます。
インストール後に設定を変更することもできます。

2-5.パスワードの確認

確認のため「パスワードの入力」で入力したパスワードと同じパスワードを入力します。

2-6.自動的にログインする

このオプションを選択すると、ここで作成したユーザーで自動的にログインします。
パスワードの入力も省略されます。
インストール後に設定を変更することもできます。

2-7.ログイン時にパスワードを要求する

このオプションを選択すると、ログイン画面を表示しユーザーの選択及びパスワードの入力を求めます。
インストール後に、設定を変更することができます。

2-8.アクティブディレクトリを使用する

このPCをADドメインに参加させる場合は、このオプションを有効にします。

設定したら「続ける」ボタンをクリックします。

3.インストール開始

これで入力が必要な作業は終わりです。
あとはインストールが完了するのを待つだけです。
スライドショーが表示されるので、初めて「Ubuntu」に触れる人は見ておくとよいでしょう。


左右に表示される矢印アイコンをクリックすると、別のスライドが表示されます。

4.インストール完了

インストールが無事完了すると、以下の画面が表示されます。
「今すぐ再起動する」ボタンをクリックして、PCを再起動します。


5.Ubuntuの起動

ストレージにインストールした「Ubuntu」を起動します。

5-1.BIOS環境にインストールした場合

BIOS環境にインストールした場合、以下を参照してください。


5-2.UEFI環境にインストールした場合

UEFI環境にインストールした場合、以下を参照してください。


スポンサー
同一カテゴリーの記事
オプション