kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Sambaサーバー

  Sambaサーバーに接続し、バックアップイメージをサーバーに保存します。

  事前準備

    以下のSambaサーバーの情報を調べておきます。

  • サーバーのIPアドレスかFQDN
  • Sambaサーバーのドメイン
  • 共有ディレクトリーにアクセスするユーザー名
  • 共有ディレクトリーにアクセスするユーザーのパスワード
  • バックアップイメージを保存するサーバーのディレクトリーパス

    また、ネットワークの設定も調べておきます。

Sambaサーバーへの接続

  以前紹介した「ディスクをローカルディスクにバックアップする」では、
  バックアップイメージの保存先にローカルディスクを選択しましたが、
  これをSambaサーバーに変更してみます。

  1.〜2.

    「ディスクをローカルディスクにバックアップする」と同じです。

  3.Sambaの選択

    「samba_server」を選択して「エンター」キーを押します。

  4-1.Sambaサーバーのアドレス設定

    SambaサーバーのアドレスをIPアドレスかFQDNで入力します。


    入力したら「エンター」キーを押します。

  4-2.ドメインの設定

    Sambaサーバーのドメインを入力します。
    デフォルトは「WORKGROUP」です。


    入力したら「エンター」キーを押します。

  4-3.アカウントの設定

    共有ディレクトリーにアクセスするユーザー名を入力します。


    入力したら「エンター」キーを押します。

  4-4.共有ディレクトリーの設定

    Sambaサーバーの共有ディレクトリーを入力します。
    入力したら「エンター」キーを押します。
    以上でSambaサーバーの設定は終わりです。 

  5.サーバーの確認

    Sambaサーバーに接続します。
    以下の画面が表示されるので、「エンター」キーを押します。

  6.パスワードの入力

    以下の画面が表示されたら、Sambaで接続するユーザーのパスワードを入力して、
    「エンター」キーを押します。

  7.ディスク使用量の表示

    マウントされているファイルシステムの容量が表示されます。


    一番下の行にマウントしたSambaサーバーのディレクトリー情報が表示されます。

  8.〜

    「ディスクをローカルディスクにバックアップする」と同じです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション