kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

USBからブート

  VirtualBoxはUSBブートに対応していないため、
  今回はVirtualBoxを使用して、UbuntuをUSBメモリから起動してみます。

事前準備

  事前準備です。

  1.OSが入っているUSBメモリ

    前回スタートアップ・ディスクの作成で作成したUSBメモリを利用します。

  2.Plop Boot Manager

    「plpbt.iso」を用意しておきます。

  3.VirtualBoxのEHCIコントローラーの無効化

    VirtualBox 4.2では、
    EHCIコントローラーを無効化しないとUSBからブートできませんでした。

    PC(実機)なら問題ないと思います。


  4.「plpbt.iso」のマウント

    VirtualBoxではPlop Boot ManagerのブートCDを作成する必要がないため、
    「plpbt.iso」を直接仮想CDドライブにマウントします。


USBメモリから起動

  USBメモリからブートします。
  あらかじめUSBメモリは接続しておきます。

  1.CDブート

    CDからPlop Boot Managerを起動します。
    起動に成功すると、以下の画面が表示されます。


  2.USBの選択

    緑色の文字の「USB」を選択して、「エンター」キーを押します。


  3.USBメモリから起動

    以下のようにUSBメモリからの起動処理が実行されます。


  4.Ubuntuの起動

    Ubuntuが起動しました。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション