kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

ライブメディアの作成

  Ubuntu 12.04と同じ手順ですが、CDは利用できません。

  WindowsからDVD/USBメモリのライブメディア作成   

    「起動メディアの作成」を参考にしてください。

  UbuntuからUSBメモリのライブメディア作成 

    「USBスタートアップディスクを作成する」を参考にしてください。

ライブメディアから起動

  ライブメディアを作成したら、ライブメディアから起動します。

  1.Welcome

    以下の画面が表示されます。

    左側のリストから「日本語」を選択します。
    「日本語」はリストの一番下にあります。


   2.ようこそ

     この画面からUbuntuの試用やインストールを選択します。


    新規にUbuntu 12.10をインストールする場合は、
    まずUbuntuを試用しネットワーク(インターネット)に接続できるか確認するとよいでしょう。

    またGPartedでディスクやパーティションのデバイスファイルを調べておきましょう
    インストール先はデバイスファイルで指定するためです。

Ubuntuの試用

   「Ubuntuを試す」を選択すると、Ubuntuが起動します。


    インターネット接続の確認

      Ubuntuの試用からでもUbuntuのインストールが可能です。
      まずFireFoxを起動し、インターネットにアクセスできるか確認します。

      インターネットにアクセスできない場合は、
      「System System Settings」を起動し「Network」からネットワークの設定を確認します。

    ディスクの確認

      GPartedがデフォルトでインストールされているので、
      GPartedを起動しパーティションの作成や、
      インストール先パーティションのデバイスファイルを確認しておきます。

      パーティションはext4フォーマットのパーティションと、
      swap用のパーティションが必要です。

      Ubuntuを初めて利用する人は、Ubuntuのディスク管理方法を理解しておく必要があります。
      「Ubuntuのパーティション管理」や「UbuntuのHDD管理」を参考にしてください。

    一時的な日本語化

      「Live メディアから立ち上げたUbuntuの一時的な日本語化」を参考にしてください。
      インストーラーは日本語化されているので、この作業は必要ありません。

  一通り確認が終わったらランチャーから「Ubuntu 12.10のインストール」をクリックして、
  インストールを開始するとよいでしょう。

  ちなみにWindowsのデバイスマネージャーのようなアプリはありません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション