kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

F.luxインジケーター

  F.luxインジケーターは夜間の画面色温度を調整するインジケーターです。
  色温度は指定できます。
  設定された緯度から日没や日の出の時間を取得し、自動的に夜間の時間を計算します。


  アプリ名は「fluxgui」です。

インストール

  F.luxインジケーターのインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:noobslab/indicators

  2.インストール

    Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「fluxgui」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

起動

   通常はログイン時に自動起動させる使い方になると思いますが、Dashホームから起動することも可能です。
  Dashホームから以下のように起動します。


設定画面

  初回起動時や設定が行われていない場合、設定画面が表示されます。


  Latitude

    緯度を入力します。

  Longtitude(optional)

    経度を入力します。
    入力しなくても良いですが、緯度を調べる際に経度も調べられるので、入力しておくとよいでしょう。

  Find your latitude and longtitude

    ネットワークの接続状況から緯度と経度を取得します。
    ボタンをクリックするとブラウザーが起動するので、「Go」ボタンをクリックします。


    以下のように画面下部に緯度と経度が表示されます。


    もし表示されるマップが現在位置ではない場合、別の方法で調べて下さい。
    googleで「緯度 経度 取得」等で検索するとよいでしょう。

  ZIPCode

    ZIPCodeを入力します。
    日本では未入力のままでOKです。

  Autostart f.lux indicator applet

    F.luxインジケーターを自動起動に追加し、ログイン時に起動するようにします。

  Nighttime color temperature

    夜間の色温度をメニューから選択します。


  「Preview」ボタン  

     選択された色温度を実際に設定し、画面を確認します。

  Current color temperature

    現在の色温度を表示します。
    Unknownになっている場合は、一旦緯度を設定しこの画面を閉じ、再度設定画面を開いてみてください。
    それでもUnknownになっている場合は、このインジケーターは利用できない可能性があります。

  「閉じる」ボタン

    入力された設定を保存し、この画面を閉じます。

インジケーターメニュー

  インジケーターをクリックすると、以下のメニューが表示されます。


  Pause f.lux / Unpause f.lux

    色温度設定機能を無効・有効にします。

  Preferences

    設定画面を開きます。

  Quit

    インジケーターを終了します。

ログについて

  「/tmp/fluxlog.txt」に動作ログが出力されます。


  画面の色温度が変化しないようなら、ログを見てみると何か分かるかもしれません。


  「It's night time. Your screen is changing now.」と表示されていれば、夜間として認識されています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション