kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Greeterについて

  Greeter(グリーター)は、LightDMでログイン画面のUIを提供する仕組みです。
  ユーザーがログイン画面で目にしているのは、GreeterとそのGreeter用のテーマが適用された画面です。
  Greeterにはいくつか種類があり、Ubuntuでは「Unity Greeter」を採用しています。

   Unity Greeter

    Ubuntuが標準で採用しているGreeterです。
    デフォルトの「Unity Greeter」のテーマは「Ambiance」です。

    「Unity Greeter」のテーマについては、「Ubuntu Tweak」を参考にしてください。

  Unity Greeterの設定

    「Unity Greeter」の設定は、「lightdm」ユーザーのdconfデータベースに保存されます。
    従って「Unity Greeter」の設定を変更するには、「lightdm」ユーザーでdconfデータベースを操作する必要があります。

dconfエディターの起動

  今回はdconfエディターを使用して、「Unity Greeter」の設定を変更してみます。
  まずは、「lightdm」ユーザーでdconfエディターを起動します。

  1.Xサーバーの設定

    以下のコマンドを実行し、Xサーバーのアクセスコントロールリストに「lightdm」ユーザーを追加します。

      xhost si:localuser:lightdm

  2.dconfエディターの起動

    次に以下のコマンドを実行します。

      gksudo -u lightdm dconf-editor

  3.起動完了

    以下のように「lightdm」ユーザーで「dconfエディター」が起動します。


    ちなみにNautilusを起動すると、「lightdm」ユーザーのホームフォルダーは「/var/lib/lightdm」であることが分かります。


    ということは「lightdm」ユーザーのdconfデータベースは、「/var/lib/lightdm/.config/dconf」フォルダー内にあることが分かります。


  4.Unity Greeterの設定

    Unity Greeterの設定は、「com.canonical.unity-greeter」内にあります。
    dconfエディターの左側の階層から追っていくと、以下のように設定一覧が表示されます。


Unity Greeterの設定

  Unity Greeterの設定項目の説明です。

  background

    デフォルトの背景画像を指定します。
    デフォルトの背景画像は「Ubuntu Tweak」で変更することもできます。

  background-color

    背景色を指定します。

    背景画像がない場合や背景画像が表示される前に、ここで指定された色が表示されます。
    CSSのカラーコードと同じ書き方です。
    数値で指定する場合は、#RGBで記述します。

    blue


    #008000


  background-logo

    背景のロゴ画像を指定します。
    画面中央に表示されるロゴのようですが、表示されませんでした。

  draw-grid

    背景に一定の間隔でドット(点)を表示します。
    グリッドは「Ubuntu Tweak」で変更することもできます。
 

    オン


    オフ


  draw-user-backgrounds

    ユーザーのデスクトップ画像を背景画像としてログイン画面に表示します。
    「background」で指定した背景画像を常に表示したい場合は、この設定をオフにしてください。

  font-name

    デフォルトのフォントです。
    「フォントファミリー名 フォントサイズ(ポイント)」の形式で設定します。
    デフォルトのフォントは、Unity Greeterのテーマで指定されていない箇所で利用されます。

    Ubuntu 11


    Takao Pゴシック 16


  high-contrast

    デフォルトでハイコントラストを有効にします。

    オン


    オフ


    ハイコントラストの設定は、ログイン画面のユニバーサルアクセスメニューから切り替えることができます。


  icon-theme-name

    表示するアイコンのテーマ名を指定します。
    アイコンテーマは「Ubuntu Tweak」で変更することもできます。


  logo

    左下に表示するロゴ画像を指定します。
    背景のロゴ画像は「Ubuntu Tweak」で変更することもできます。


  onscreen-keyboard 

    デフォルトでスクリーンキーボードを有効にします。


    スクリーンキーボードの設定は、ログイン画面のユニバーサルアクセスメニューから切り替えることができます。


  play-ready-sound

    ログイン画面表示時に音を鳴らします。
    「Ubuntu Tweak」で設定することもできます。

  screen-reader

    デフォルトで音声による読み上げを有効にします。

    スクリーンリーダーの設定は、ログイン画面のユニバーサルアクセスメニューから切り替えることができます。


  theme-name

    Unity Greeterのテーマ名を指定します。
    「Ubuntu Tweak」で設定することもできます。

  xft-antialias

    アンチエイリアスを有効にし、文字がなめらかに表示されるようにします。

    オン


    オフ


  xft-dpi

    フォントのDPI(Dot Per Inch)を指定します。
    DPIを大きくすればするほど、文字が大きくなります。

    96


    128


  xft-hintstyle

    フォントのヒンティング方法をメニューから選択します。
    フォントヒンティングは文字のグリフ(形)を補正し、可読性を上げるする仕組みです。


    効果はフォントにより異なります。

    hintnone

      ヒンティングを行いません。

    hintslight

      ヒンティングを行いますが、ヒンティングによる補正は最小限に留めます。

    hintmedium

      ヒンティングを行います。
      基本的な補正効果が得られます。

    hintfull

      ヒンティングを行います。
      ヒンティングによる最大限の補正を行います。

  xft-rgba

    フォントのサブピクセルレンダリング方法をメニューから選択します。
    Windowsで言うところの「ClearType」相当の機能です。


    使用するフォントやディスプレイにより得られる効果が異なります。

    none

      サブピクセルレンダリングを行いません。

    rgb

      サブピクセルレンダリングをRGBの順番で横方向に行います。

    bgr

      サブピクセルレンダリングをBGRの順番で横方向に行います。

    vrgb

      サブピクセルレンダリングをRGBの順番で縦方向に行います。

    vbgr

      サブピクセルレンダリングをBGRの順番で縦方向に行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション