kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

クリップボード(Clipboard)

  「クリップボード」アドオンは、クリップボードの履歴を管理するアドオンです。
  クリップボードにコピーしたテキストを保持し、後でクリップボードの履歴からテキストを選択し、貼り付けることができます。



  以前クリップボードの履歴を管理するアプリとして、「Clipit」や「Glipper」を紹介しましたが、同様の役割を持つアドオンです。

クリップボードの設定画面を開く

  「クリップボード」アドオンの設定を行うには、「クリップボード」アドオンの設定画面を開く必要があります。
  「アドオン」の画面から「Clipboard」アドオンを選択し、「設定」ボタンをクリックします。


クリップボードの設定

  「クリップボード」アドオンの設定画面です。
  「クリップボード」アドオンはデフォルトで有効になっており、すぐに利用することができます。


クリップボードの履歴をファイルに保存

  クリップボードの履歴をファイルに保存し、次回起動時にクリップボードの履歴をファイルから読み込むかどうかの設定です。

  チェック オン

    クリップボードの履歴をファイルに保存します。
    次回起動時(ログイン時)にクリップボードの履歴をファイルから読み込み、前回利用した履歴を利用できるようにします。

    ファイルの中身は暗号化されません。
    パスワードをコピーすれば、そのままテキスト形式でパスワードが履歴に保持され、ファイルに保存されます。

  チェック オフ

    クリップボードの履歴をファイルに保存しません。
    次回起動時(ログイン時)に前回利用した履歴は利用できません。

保存するクリップボード履歴の長さ

  クリップボードの履歴の保持数です。
  最大で16個です。

クリップボード履歴リストのトリガー

  クリップボードの履歴一覧を表示するショートカットキーを設定します。 
  ショートカットキーは2種類設定することができます。

  ショートカットキーの設定方法

    ショートカットキーの設定は、ボタンをクリックすると以下のようにキーの組み合わせを入力する状態になるので、ショートカットキーに設定したいキーを押します。


  ショートカットキーを削除するには

    ショートカットキーを削除するには、キーの組み合わせを入力する状態の時に「ESC」キーを押します。

修飾キーを選択

  クリップボードの履歴一覧の画面では、「修飾キー + 数値」キーの組み合わせでクリップボードの履歴を選択することができます。
  修飾キーとの組み合わせを以下のメニューから選択します。
  修飾キー無しで「数値」キーによるクリップボードの履歴の選択も可能です。


  また、クリップボードの履歴一覧の画面には、選択された修飾キーが表示されるようになります。

  なし

    「数値」キーによるクリップボードの履歴の選択を行います。
    各クリップボードの履歴には、「数値.クリップボードの履歴」と表示されるようになります。

    例えば「1.あいうえお」を一覧から選択する場合、「1」キーを押せば「あいうえお」が選択され、テキストに反映されます。


  Alt

    「Alt + 数値」キーによるクリップボードの履歴の選択を行います。
    各クリップボードの履歴には、「A-数値.クリップボードの履歴」と表示されるようになります。

    例えば「A-1.あいうえお」を履歴から選択する場合、「Alt + 1」キーを押せば「あいうえお」が選択され、テキストに反映されます。


  Ctrl

    「Ctrl + 数値」キーによるクリップボードの履歴の選択を行います。
    各クリップボードの履歴には、「C-数値.クリップボードの履歴」と表示されるようになります。

    例えば「C-1.あいうえお」を一覧から選択する場合、「Ctrl + 1」キーを押せば「あいうえお」が選択され、テキストに反映されます。


  Shift

    「Shift + 数値」キーによるクリップボードの履歴の選択を行います。
    各クリップボードの履歴には、「S-数値.クリップボードの履歴」と表示されるようになります。

    例えば「S-1.あいうえお」を一覧から選択する場合、「Shift + 1」キーを押せば「あいうえお」が選択され、テキストに反映されます。


  注意

    「Alt」キーは、他のアプリのショートカットキー(ホットキー)と重複するためか、機能しませんでした。
    「Shift」キーの場合、何も反応せず、履歴は反映されませんでした。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション