kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windows 7をインストールしたパーティションを縮小する

  Windows 7をインストールしたパーティションを縮小します。
  「パーティションの縮小について・パーティションを操作するアプリをインストールする」の続きです。

  1.MiniTool Partition Wizardの開始

    「MiniTool Partition Wizard Home Edition」を起動すると以下の画面が表示されるので、「MiniTool Partition Wizard」をクリックします。


  2.パーティションを探す

    画面の右側にHDDとパーティションの一覧が表示されます。
    この一覧の中からWindows 7をインストールしたパーティションを探します。
    通常は「C:」と表記されたパーティションです。


  3.パーティションの選択

    以下のようにWindows 7をインストールしたパーティションを選択します。


  4.リサイズ画面の表示

    パーティションの縮小(リサイズ)を行うため、「Move/Resize」ボタンをクリックします。


  5.パーティションサイズの調整

    以下の画面が表示されます。
    ポイントは「Parttition Size」と「Unallocated Space After」です。
    直接数値を入力するか、画面上部のバーをマウスで操作してパーティションのサイズを調整します。

    画面上部のバーをいじると、画面下部の数値に反映されます。
    逆も同様です。


    Unallocated Space Before

      パーティションの開始位置です。
      ここの数値は変更しません。

    Partition Size

      パーティションのサイズです。
      パーティションのサイズを縮小するので、ここの数値を小さくします。
      サイズの単位はMBです。

      どの程度縮小するのか、あるいは、どの程度Ubuntuに空き容量を割り当てるのかは、自分で計算してください。
      使い方にもよりますが、UbuntuよりもWindowsの方がHDDの使用量が大きくなる傾向にあります。

    UnAllocated Space After

      パーティションの後ろの空き領域のサイズを表します。
      このサイズがUbuntuで使用する空き容量になります。

      ここの数値を直接変更すると「Unallocated Space Before」の数値が変更されてしまうため、直接ここの数値は変更しないほうが良いです。
      

  6.パーティションサイズの設定完了

    ここでは例として、以下のように設定しました。


    「Partition Size」から、Windows 7をインストールしたパーティションのサイズは「50000MB」になります。
    「UnAllocated Space After」から、Ubuntuで使用するサイズは「50846.34MB」になります。

    設定したら「OK」ボタンをクリックします。

  7.リサイズの確認

    元の画面に戻ると、以下のようにパーティションリサイズ後の状況が表示されます。
    この時点では、まだパーティションのリサイズは行われていません。

    もし設定を間違えたのなら、設定をやり直すことができます。


  8.リサイズを行う

    パーティションのリサイズを行います。
    画面左上の「Apply」ボタンをクリックします。


  9.パーティション操作の確認

    以下の確認画面が表示されます。


    意訳すると以下のようになります。

パーティションの変更を適用します。
サスペンドやハイバネーションなどの省電力設定をオフにしてください。
また他のアプリをすべて終了してください。

    問題なければ「Yes」ボタンをクリックします。

  10.パーティションの操作開始

    以下の画面が表示されパーティションの操作が開始されます。


    特に問題がなければ、処理が終わるまで待ちます。

  11.PCの再起動が要求された場合

    環境によっては、以下のようにPCの再起動が要求されます。


    意訳すると以下のようになります。

「C:」ドライブが使用中のため、パーティションのリサイズ処理が行えません。
以下のいずれかの方法を選択してください。

A.)PCを再起動します。
PCを再起動後、Windows起動時に「MiniTool Partition Wizard」が自動的に起動し、パーティションのリサイズ処理を行います。

B.)「Retry」ボタンをクリックして、「C:」ドライブが使用中かどうかもう一度チェックします。

C.)処理を中止します。

    ここでは「A.)」の方法を選択するため、「Restart Now」ボタンをクリックします。

  12.Partition Wizardの起動

    PC再起動後、Windowsのロゴが表示された後、以下の画面が表示されます。
    「Partition Wizard」を起動するため、このまま何もキーを押さずに待ちます。


    この画面で何かキーを押した場合は、パーティションの操作がキャンセルされます。

  13.パーティション操作開始

    「Partition Wizard」が起動すると、以下の画面が表示されます。
    パーティションのリサイズが開始されます。


    パーティションの操作が全て完了するまで、電源のオフや切断が無いように注意してください。
    この画面以降、ユーザーが操作することは特にありません。
    パーティションの操作が全て完了すればPCが自動的に再起動し、Windows 7が起動します。

  14.システムの更新

    パーティションのリサイズが完了すると、以下の画面が表示されシステムの更新が行われます。


  15.パーティションの操作完了

    パーティションの操作が全て完了すれば以下の画面が表示され、PCが再起動します。


  16.Windows 7の起動

    以下のようにWindows 7が起動します。


    以上でWindows 7をインストールしたパーティションの縮小は完了です。
    「Windows 7のパーティション縮小後のパーティションの状態を確認する」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション