kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Windows 7のパーティション縮小後のパーティションの状態を確認する

  Windows 7のパーティション縮小後のパーティションの状態を確認します。
  「Windows 7をインストールしたパーティションを縮小する」の続きです。

ディスクの管理でパーティション構成を確認する

  「ディスクの管理」を起動すると、以下のようにパーティションの情報が表示されます。

  ブートパーティション

    Windows 7をインストールしたパーティションです。
    以下のようにパーティションのサイズが縮小されていることが分かります。


    システムパーティションに変更はありません。

  ディスクの空き領域

    パーティションの縮小によりディスクに空き領域(未割り当て)が作られています。
    この空き領域にUbuntuをインストールします。


ブート構成データ(BCD)の情報を確認する

  ブート構成データ(BCD)の情報を見てみます。

C:¥Windows¥system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=¥Device¥HarddiskVolume1
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {c736c138-d138-11e3-9839-d015949d4cb2}
displayorder            {current}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    ¥Windows¥system32¥winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {c736c13a-d138-11e3-9839-d015949d4cb2}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              ¥Windows
resumeobject            {c736c138-d138-11e3-9839-d015949d4cb2}
nx                      OptIn

  特に変更はありません。

Cドライブのプロパティーを確認する

  Windowsがインストールされているディスクのプロパティーを見ると、以下のようになっています。
  パーティションを縮小したため、容量が減っています。


Ubuntuでパーティション構成を確認する

  Ubuntuの「GParted」でパーティション構成を確認すると、以下のような構成になっています。

  /dev/sda2

    Windows 7をインストールしたパーティション(ブートパーティション)です。
  パーティションを縮小したため、容量が減っています。


  未割り当て

    パーティションの縮小によりディスクに空き領域(未割り当て)が作られています。
    この空き領域にUbuntuをインストールします。


Cドライブのチェックを行う

  次のステップでUbuntuのインストールを行うのですが、ここで念の為Cドライブのチェックを行っておきます。

  補足

    もし他にもNTFSパーティションが存在する場合、それらのパーティション(ファイルシステム)のチェックも行っておくとよいでしょう。

    UbuntuではNTFSボリュームにアクセスする機能がありますが、NTFSを完全に修復する機能はありません。
    NTFSを修復できるのはWindowsだけです。

  1.ディスクのチェック画面の表示

    Cドライブのプロパティー画面を開き、「ツール」タブから「チェックする」ボタンをクリックします。


  2.チェックオプションの選択

    以下の画面が表示されるので、以下のようにオプションの選択を行い、「開始」ボタンをクリックします。


  3.ディスク検査のスケジューリング

    以下の画面が表示されるので、「ディスク検査のスケジュール」ボタンをクリックします。


  4.PCの再起動

    ディスクの検査を行うため、PCを再起動します。

  5.chkdskの起動

    PCを再起動すると、以下の画面が表示されます。
    何もキーを押さずに10秒ほど待ちます。


  6.ディスクの検査開始

    以下のようにディスクのチェックが開始されます。


  7.ディスクの検査完了

    ディスクのチェックが完了すればエラーの修正と共に以下のような画面が表示されます。
    この後PCが再起動します。


    以上で完了です。
    「Ubuntuをインストールする」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション