kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Windows 7とUbuntu 14.04のパーティション構成を確認する

  ここではWindows 7とUbuntu 14.04インストール後のパーティション構成を確認します。
  「Ubuntuをインストールする」の続きです。

ディスクの管理でパーティション構成を確認する

  「ディスクの管理」を起動すると、以下のようにパーティションの情報が表示されます。
  赤枠内のパーティションがUbuntuのインストールで追加されたパーティションです。


  49.21GBのパーティションがUbuntuのルートパーティションになります。
  1.86GBのパーティションがUbuntuのスワップパーティションになります。

MiniTool Partition Wizard HomeEditionでパーティション構成を確認する

  「MiniTool Partition Wizard Home Edition」でパーティション構成を確認すると、以下のようになります。
  赤枠内のパーティションがUbuntuのインストールで追加されたパーティションです。


  このアプリでは、Ubuntuのパーティション(ファイルシステム)が認識されています。
  49.21GBのパーティションがUbuntuのルートパーティションになります。
  1.86GBのパーティションがUbuntuのスワップパーティションになります。

ブート構成データ(BCD)の情報を確認する

  ブート構成データ(BCD)の情報を見てみます。
  Ubuntu(GRUB2)によりMBRが書き換えられたため、以下のように表示されます。

C:¥Windows¥system32>bcdedit
ブート構成のデータ ストアを開けませんでした。
指定されたファイルが見つかりません。

Ubuntuでパーティション構成を確認する

  Ubuntuの「GParted」でパーティション構成を確認すると、以下のような構成になっています。
  赤枠内のパーティションがUbuntuのインストールで追加されたパーティションです。


  /dev/sda5

    Ubuntuがインストールされているルートパーティションです。

  /dev/sda6

    Ubuntuのスワップパーティションです。

WindowsのアプリからUbuntuのボリュームを確認する

  WindowsのアプリからUbuntuのボリュームを確認すると、以下のようにUbuntuのボリューム(パーティション)は表示されていません。


UbuntuのアプリからWindowsのボリュームを確認する

  UbuntuのアプリからWindowsのボリュームを確認すると、以下のようにWindowsのボリューム(パーティション)が表示されています。


  Windowsのシステムパーティションなど、UbuntuでWindowsのボリュームが表示されると都合が悪い場合、以下の方法で特定のボリュームを非表示にすることができます。

  1.マウントオプションの表示

    「ディスク」を起動し、非表示にしたいボリュームがあるディスクを選択し、非表示にしたいボリュームを選択します。


    「マウントオプション」の画面を表示します。

  2.マウントオプションの設定

    以下の画像の赤枠内の設定をこないます。


  3.設定完了

    以下のように、マウントオプションを設定したボリュームが表示されなくなります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション