kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 14.04用のリポジトリーが提供されました

  VirtualBoxの公式リポジトリーでUbuntu 14.04用のリポジトリーが提供されました。
  Ubuntu 13.10からUbuntu 14.04へアップグレードした人は、リポジトリーを有効にしておくとよいでしょう。


  リポジトリーの情報は以下のようになります。
  「ディストリビューション」が「trusty」になっていることを確認しておきましょう。


  公式リポジトリーの追加

    Ubuntu 14.04を新規にインストールした人は、公式リポジトリーを追加することでOracle VirtualBoxを利用できるようになります。

    公式リポジトリーの追加方法は「VirtualBoxの公式リポジトリーを追加し、VirtualBoxをインストールできるようにする」を参考にしてください。

  VirtualBoxのバージョン

    現状Ubuntu 14.04でインストールされる「VirtualBox」のバージョンは、以下の通り「4.3.10」になります。


  拡張パック

    拡張パックのインストールも行っておくとよいでしょう。


    拡張パックのバージョンは、VirtualBox本体のバージョンと同じバージョンのものをダウンロードする必要があります。
    拡張パックのダウンロードは以下のサイトから行います。


    現状「4.3.10」に対応した拡張パックは、「VirtualBox 4.3.10 Oracle VM VirtualBox Extension Pack」の「All supported platforms」をクリックすれば、ダウンロードできます。

    拡張パックのインストールは「拡張パックのインストール」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション