kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ネットワークに公開されているスキャナーを利用する

  SANEネットワークデーモンによりネットワークに公開されているスキャナーを利用する方法です。
  いわゆるクライアント側です。

  1.編集する設定ファイルについて

    編集する設定ファイルは、「/etc/sane.d/net.conf」です。


  2.テキストエディターの起動

    設定ファイルを編集するため、「root」でテキストエディターを起動します。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /etc/sane.d/net.conf


  3.タイムアウト設定の確認

    以下のようにテキストエディターが起動し、「/etc/sane.d/net.conf」ファイルが表示されます。

    まずタイムアウトの設定の確認を行います。
    サーバーと通信を行う際、この設定で指定した秒数が経過すると通信エラーとして処理されます。

    編集箇所は以下の赤線の箇所です。


  4.タイムアウト設定

    以下のように頭の「#」を削除し、タイムアウトになる時間を「秒」で指定します。


  5.サーバーの設定

    スキャナーを公開しているサーバーを指定します。
    指定方法は、ホスト名かIPアドレスによる指定です。


    複数のサーバーを指定する場合、1行づつサーバーの情報を記述します。
    ファイルを保存しテキストエディターを終了します。

    設定は以上で完了です。

  6.スキャナーの検出

    「SANE」に対応したアプリを起動し、ネットワークに公開されているスキャナーが検出できるか確認します。

    ここでは例として「XSane」を起動します。
    以下のように「net:ホスト名:」で始まるスキャナーが検出されればOKです。


    該当するスキャナーを選択し、スキャンできるかどうか確認します。
    以上で完了です。

  スキャナーが検出できない時は

    スキャナーが検出できない場合は、設定ファイルに記述した内容が正しいかどうか確認してください。

    また、TCPポート番号6566がファイアーウォールにブロックされていないか確認してください。
    同様にクライアントとサーバー間で必要な通信がファイアーウォールにブロックされていないか確認してください。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション