kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

SANEネットワークデーモンのテストを行う

  SANEネットワークデーモンの設定が完了したら、SANEネットワークデーモンのテストを行います。

  実際に他のPCからスキャナーが共有できているか確認しても良いのですが、問題が起きた時に原因を切り分け易くするため、まずはスキャナーをネットワークに公開しているPCからSANEネットワークデーモンのテストを行います。

  テストを行うために、まず設定ファイルを編集する必要があります。

  1.編集する設定ファイルについて

    編集する設定ファイルは、「/etc/sane.d/net.conf」です。


  2.テキストエディターの起動

    設定ファイルを編集するため、「root」でテキストエディターを起動します。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /etc/sane.d/net.conf


  3.編集箇所の確認

    以下のようにテキストエディターが起動し、「/etc/sane.d/net.conf」ファイルが表示されます。
    編集箇所は以下の赤線の箇所です。


  4.設定を編集する

    頭の「#」を削除します。


    ファイルを保存してテキストエディターを終了します。

SANEネットワークデーモンのテスト

  SANEネットワークデーモンのテストを行います。

  1.サービスの確認

    「localhost」に対してポートスキャンを行います。

    ここでは「ネットワークツール」を利用してポートスキャンを行っています。
    SANEネットワークデーモンが動作していれば、以下のように「sane-port」サービスが検出されます。


   2.SANEの確認

    「SANE」に対応したアプリを起動し、ネットワークに公開している自身のスキャナーが検出されるかどうか確認します。

    ここでは例として「XSane」を起動します。
    以下のように「net:localhost:」で始まるスキャナーが検出されればOKです。


      該当するスキャナーを選択し、スキャンできるかどうか確認します。

  3.設定ファイルを元に戻す

    テストが完了したら、編集した設定ファイルを元の内容に戻しておきます。


SANEネットワークデーモンを再起動する

  SANEネットワークデーモンを再起動する方法です。
  SANEネットワークデーモンの設定ファイルを編集したら、設定内容を反映するためSANEネットワークデーモンを再起動する必要があります。

  PCを再起動しても良いのですが、以下の方法でSANEネットワークデーモンを再起動することもできます。

  1.SANEネットワークデーモンの再起動

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo service saned restart


  2.再起動完了

    以下のように表示されれば、再起動完了です。


    もし何か問題が発生した場合、エラーメッセージが表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション