kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

メールのセットアップを行う

  セットアップ画面を開き「E-mail」タブをクリックすると、メール送信のセットアップを行うことができます。


差出人

  自分のメールアドレスを入力します。

返信先

  メールを受け取った相手が返信に使用するメールアドレスを入力します。
  「差出人」と同じメールアドレスなら、「返信先」に同じメールアドレスを入力してください。

  通常は「差出人」と「返信先」のメールアドレスは同じです。

SMTPサーバ

  SMTPサーバーのアドレスを入力します。

SMTPポート

  SMTPサーバーのポート番号を入力します。

E-mail authentication

  SMTPサーバーの認証方法を以下のメニューから選択します。
  どの認証方法を選択するかは、SMTPサーバーの管理者に確認してください。


  「ASMTP Plain」か「ASMTP Login」になるかと思います。

  no authentication

    認証を行いません。
    通常認証を行わずにメールを送信することはありません。

  POP3 before SMTP

    事前にPOP3サーバーの認証を行うことで、SMTPサーバーの認証を行います。

  ASMTP Plain

    SMTP認証(SMTP-AUTH PLAIN)でSMTPサーバーの認証を行います。

  ASMTP Login

    SMTP認証(SMTP-AUTH LOGIN)でSMTPサーバーの認証を行います。

User

  SMTPサーバーの認証に使用するユーザー名を入力します。

Password

  SMTPサーバーの認証に使用するパスワードを入力します。

POP3サーバ

  「E-mail authentication」で「POP3 before SMTP」を選択した時に有効な設定です。
  POP3サーバーのアドレスを入力します。

POP3ポート

  「E-mail authentication」で「POP3 before SMTP」を選択した時に有効な設定です。
  POP3サーバーのポート番号を入力します。

「適用」ボタン

  「E-mail」タブで行った設定を保存し、「XSane」に反映します。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション