kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ビューワーモードとは

  ビューワーモードは、スキャナーからドキュメントを本スキャンし、「XSane」内蔵のビューワーで画像を表示するモードのことです。


  ビューワーでは本スキャンした画像を表示するだけでなく、以下の機能を利用することができます。


  必要に応じてビューワーで画像を編集すると良いでしょう。

ビューワーモードでスキャンするには

  ビューワーモードでスキャンするには、モード選択メニューで「ビューワ」を選択しスキャンを行います。


  本スキャンを行う前に、プレビュースキャンによる確認や色補正の設定などを行っておきます。

  色補正について

    「カラーマネージメント」以外の色補正の設定は、本スキャン後にビューワーから変更することはできません。
    色味の調整やスキャン範囲の指定等は、事前にプレビュースキャンを行い確認しておいてください。

  カラーマネージメントについて

    「カラーマネージメント」による色補正をビューワーで確認・変更する場合、「カラーマネージメント」を有効にした状態で本スキャンを行う必要があります。

    本スキャン後にビューワーから「カラーマネージメント」を有効にすることはできません。

ビューワーのUI構成

  ビューワーのUI構成です。


  1.ツールバー

    画像の保存や編集を行うボタンが表示されます。

  2.画像

    本スキャンした画像が表示されます。

  3.画像の情報

    画像の情報が表示されます。
    情報は「,」区切りで表示されます。

    Size 2544 x 3509 pixel

      画像のサイズがピクセルで表示されます。
      横 x 高さです。

    8bits / channel

      各色成分(チャンネル)の深度が表示されます。

    3 channels

      色成分(チャンネル)の数が表示されます。

    300 dpi x 300 dpi

      スキャン解像度が表示されます。
      X解像度 x Y解像度です。
   

    25.5 MB

      画像の容量が表示されます。

  4.進捗バー

    画像の編集など処理の進捗を表すバーです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション