kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

画像をファイルに保存する

  画像をファイルに保存します。

  ビューワーでは、「スキャンした画像の保存先を設定する」で設定した画像フォーマットとは異なる画像フォーマットで、画像を保存することもできます。

  1.保存先選択画面の表示

    「ファイル」メニューから「イメージを保存」をクリックします。


    もしくはツールバーから「保存」ボタンをクリックします。


  2.保存先の選択

    以下の画面が表示されるので、ファイルの保存先フォルダーの選択とファイル名を入力します。


  3.保存するファイルの設定

    以下の設定項目から保存するファイルの設定を行います。


    タイプ

      以下のようにメニューが表示されるので、画像フォーマットを選択します。


      「拡張子ごと」を選択すると、ユーザーが指定したファイルの拡張子から、適切な画像フォーマットを自動的に選択します。
      それ以外を選択した時は、ユーザーが指定したファイルの拡張子が適切な拡張子に自動的に変更されます。

    Color management function

      ICCプロファイルによる色変換や画像ファイルへの埋め込み方法を以下のメニューから選択します。



      各項目の内容は、「カラーマネージメント機能」を参考にしてください。

    ファイルの設定を行ったら、「保存」ボタンをクリックします。

  4.保存完了

    以下のようにファイルが保存されます。


OCRで文字を抽出する

  ビューワーからOCRソフトウェアを呼び出し、画像から文字を抽出します。

  OCRのセットアップ

    事前に「OCRのセットアップ」を行っておきます。

  1.保存先選択画面の表示

    「ファイル」メニューから「OCR - テキストで保存」をクリックします。


    もしくはツールバーから「OCR」ボタンをクリックします。


  2.保存先の選択

    以下の画面が表示されるので、ファイルの保存先フォルダーの選択とファイル名を入力します。


    「保存」ボタンをクリックします。

  3.保存完了

    OCRソフトウェアに画像が渡され、OCRソフトウェア側で解析やファイルの保存が行われます。




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション