kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

メールプロジェクト画面のUI構成

  メールプロジェクト画面のUI構成です。


  1.プロジェクトフォルダーのパス

    プロジェクトファイルが保存されているフォルダーのパスが表示されます。
    プロジェクトを作成済みなら、現在開いているプロジェクトのフォルダーになります。

    本スキャンを行うと、このフォルダーにスキャンした画像が保存されます。

  2.送信先のメールアドレス

    送信先のメールアドレスを入力します。

  3.メールタイトル

    メールタイトルを入力します。

  4.メール本文

    メール本文を入力します。

  5.HTML e-mail

    チェックをオンにすると、HTML形式でメールを作成します。
    チェックをオフにすると、テキスト形式でメールを作成します。

    HTML形式でメールを作成する場合、「<image>」を記述することで任意の場所に画像を表示することができます。
    画像が表示される順番は、「7.」で表示されている順番です。

    テキスト形式でメールを作成する場合、画像は添付ファイルとしてメールに添付されます。

  6.E-mail image filetype

    メールに添付する画像のフォーマットを選択します。

  7.添付画像

    本スキャンした画像の一覧です。
    ここに表示されている画像がメールに添付されます。

  8.画像を表示

    「7.」で選択した画像をビューワーで表示します。

  9.画像をリネーム

    「7.」で選択した画像のファイル名を変更します。

  10.画像を削除

    「7.」で選択した画像を削除します。

  11.画像の順番

    「7.」で選択した画像の添付順を変更します。

  12.情報の表示

    操作内容や結果が表示されます。

  13.プロジェクトを送る

    メールを送信します。

  14.プロジェクトを削除

    現在開いているプロジェクトを削除します。

スキャンを行い画像を保存する

  本スキャンを行い画像を保存します。
  スキャン方法は通常の方法と同じです。

  1.本スキャンを行う

    色補正やスキャンする範囲などを設定したら、「スキャン」ボタンをクリックします。


    色補正等の設定は、「メインウィンドウのUI構成」を参考にしてください。

  2.画像の蓄積

    以下のように本スキャンした画像がフォルダーに保存され、ページ一覧に表示されます。


    本スキャンを実行するたびに、以下のように画像が保存されていきます。


    プロジェクトフォルダーを「Nautilus」で開くと、以下のように本スキャンした画像が「PNM」形式で保存されていることが分かります。


    これらの画像ファイルは、メール送信時にユーザーが指定した画像フォーマットに変換されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション