kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

黒点・灰点・白点を指定して自動的に色補正を行う

  「XSane」では、黒点・灰点・白点を指定して自動的に色補正を行うことができます。
  この色補正方法は、プレビュー画面から行います。

  事前にプレビュースキャンを行っておきます。

  カラーマネージメントについて

    「カラーマネージメント」による色補正を行う時は「XSane」で色補正を行わないため、この機能を利用することはできません。

1.補正対象の設定

  色補正の補正対象を設定します。
  補正対象は、以下の2種類があります。

  1. RGBすべてに対して補正を行うが、RGB個別に補正は行わない
  2. RGBすべてに対して補正を行い、さらにRGB個別に補正を行う

  1.RGBすべてに対して補正を行う

    RGBすべてに対して補正を行います。
    ただしRGB個別に補正は行いません。

    「メインウィンドウ」の「RGBデフォルト」ボタンをクリックして、以下のようにボタンが押された状態にしておきます。


  2.RGBすべてに対して補正を行い、さらにRGB個別に補正を行う

    RGBすべてに対して補正を行い、さらにRGB個別に補正を行います。

    「メインウィンドウ」の「RGBデフォルト」ボタンをクリックして、以下のようにボタンが押されていない状態にしておきます。


2.点の種類の選択

  プレビュー画面のツールバーから点の種類をクリックして選択します。


  1.白点

    白点(明るい点)を指定します。

  2.灰点

    灰点(グレー点)を指定します。

  3.黒点

    黒点(暗い点)を指定します。

3.補正基準と補正方法の指定

  プレビュースキャンした画像上で補正基準とする箇所にマウスカーソルを持っていきます。
  この時マウスカーソルの形状は、「2.」で選択した点の種類に応じてスポイトの形状に変化します。


  補正方法はクリック方法で決まります。

  左クリック

    補正基準の輝度を元に補正値を計算します。

  中央クリック

    補正基準のRGB値を元に補正値を計算します。

  右クリック

    補正を中止します。

4.補正完了

  以下のように補正が行われます。


  また、補正値が「メインウィンドウ」に反映されます。
  「RGBデフォルト」がオンの時は以下のようになります。


  「RGBデフォルト」がオフの時は以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション