kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 12.04からUbuntu 14.04へアップグレードする

  Ubuntu 12.04からUbuntu 14.04へアップグレードします。


  事前準備と注意事項

    アップグレード次の注意事項は、従来と同じです。
    「Ubuntu 12.10 アップグレード その1 - 事前準備と注意事項」を参考にしてください。

    最低でも必ずバックアップはとっておきましょう。

  端末からアップグレードする場合

    ここでは「アップデートマネージャー」からアップグレードしますが、「端末」からアップグレードしたい場合、「Ubuntu 12.10 アップグレード その3 - 端末からアップグレードする」を参考にしてください。

1.アップデートマネージャー

  アップグレードは、「アップデートマネージャー」から行います。

  1-1.アップデートマネージャーの起動

    Dashホームを開き、以下のようにアップデートマネージャーを起動します。


  1-2.通知の確認

    以下のように「Ubuntuの新しいリリース '14.04.1 LTS'が利用可能です」と表示されます。
    「アップグレード」ボタンをクリックして「2.」に飛びます。


  1-3.通知が表示されない時は

    「Ubuntu 14.04.1」へのアップグレード通知が表示されない時は、設定の確認を行います。
    画面左下の「設定」ボタンをクリックします。


  1-4.通知設定の確認

    「ソフトウェアソース」の画面が表示されるので、「アップデート」のタブをクリックし「Ubuntuの新バーションの通知」が「長期サポート(LTS)版」になっているか確認します。

    「長期サポート(LTS)版」になっていなかったら、「長期サポート(LTS)版」を選択します。


    設定を確認したら「閉じる」ボタンをクリックします。

  1-5.アップデート

    パッケージインデックスファイルを更新するため、「再チェック」ボタンをクリックします。
 

    チェック完了後、既存のアップデートがある場合は、一旦アップデートを行い再度通知が表示されるか確認します。

2.アップグレード準備

  アップグレード準備です。

  2-1.リリースノート

    以下のようにリリースノートが表示されます。


    「アップグレード」ボタンをクリックします。

  2-2.リリースアップグレードツールのダウンロード

    以下のようにリリースアップグレードツールのダウンロードが始まります。


  2-3.パスワードの入力

    アップグレードは「root」で行う必要があるため、ログインしている管理者ユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


  2-4.アップグレード準備

    アップグレードの準備が開始されます。


  2-5.レポジトリーの無効化

    PPAなど、Ubuntu標準のリポジトリー以外のリポジトリーが無効化されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。


3.リポジトリーの更新とアップグレードの確認

  リポジトリーの更新とアップグレードの確認です。

  3-1.リポジトリーの更新

    リポジトリーの情報がUbuntu 14.04のリポジトリーに更新されます。


  3-2.アップグレードの確認

    以下のようにアップグレードの確認が表示されます。


    「詳細」をクリックすると、パッケージの変更内容の一覧が表示されます。


    「アップグレードを開始」ボタンをクリックします。

4.パッケージのダウンロード

  「Ubuntu 14.04」のパッケージのダウンロードが開始されます。


  もしアップグレードを中止したい場合は、パッケージのダウンロードが完了する前に「キャンセル」ボタンをクリックしてください。

  パッケージのダウンロードが完了すると、アップグレードは中止できなくなります。
  また途中でPCの電源を切断しないようにしてください。
  アップグレードに失敗します。

5.アップグレードのインストール

  ダウンロードした「Ubuntu 14.04」のパッケージがインストールされます。


    「端末」をクリックすると、処理内容が表示されます。


6.設定ファイルの確認

  いくつかのソフトウェアは、設定ファイルをデフォルトに戻すかどうか確認画面を表示します。
  基本的にデフォルトに戻した上で、後で必要な部分を再修正する方法が望ましいです。

  6-1./etc/gnome/defults.list 

    アプリとファイルの関連付けに関する設定ファイルです。


    「ファイル同士の差異」をクリックすると、以下のように変更箇所が表示されます。


    「置き換える」ボタンをクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。
    「そのまま」ボタンをクリックすると、既存のファイルをそのまま使用します。

    この環境では「置き換える」ボタンをクリックしました。

  6-2.NetworkManager.conf

    「ネットワークマネージャー」の設定ファイルです。


    「置き換える」ボタンをクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。
    「そのまま」ボタンをクリックすると、既存のファイルをそのまま使用します。

    この環境では「置き換える」ボタンをクリックしました。

  6-3.sudoers

    「sudo」等でコマンドなどを実行する際、どのユーザーにどのような許可を与えるのかを記述したファイルです。


    「置き換える」ボタンをクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。
    「そのまま」ボタンをクリックすると、既存のファイルをそのまま使用します。

    この環境では「置き換える」ボタンをクリックしました。

  6-4.30_uefi-firmware 

    「GRUB2」のUEFIに関する設定ファイルです。
    この環境では差異が表示されませんでした。


    「置き換える」ボタンをクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。
    「そのまま」ボタンをクリックすると、既存のファイルをそのまま使用します。

    この環境では「置き換える」ボタンをクリックしました。

7.GRUB2のインストール

  ブートマネージャーである「GRUB2」のインストールを行います。
  アップグレーを行っている環境は、「BIOS+MBR」の環境です。

  7-1.設定ファイルの選択

    以下の画面が表示されるので、「/etc/default/grub」設定ファイルの扱いをメニューから選択します。


    「パッケージメンテナのバージョンをインストール」を選択すると、デフォルトの設定に戻ります。
    「現在インストールされているローカルバージョンを保持」を選択すると、既存のファイルをそのまま使用します。

    設定ファイルの扱いを選択したら、「進む」ボタンをクリックします。
    この環境では、「パッケージメンテナのバージョンをインストール」を選択しました。

  7-2.ファイルの差異を確認する場合

    ファイルの差異を確認する場合、メニューから「バージョン間の差異を表示」を選択し「進む」ボタンをクリックします。

    以下のように差異が表示されます。


    「進む」ボタンをクリックすれば、元の画面に戻ります。

  7-3.GRUB2のインストール先の選択

    以下のように「GRUB2」をインストールデバイスが表示されます。
    起動ディスクにチェックを入れ、「進む」ボタンをクリックします。


    この環境では「/dev/sda」にチェックを入れました。


    「進む」ボタンをクリックします。

8.サポートされていないパッケージの削除

  「Ubuntu 14.04」でサポートされていないパッケージを削除するかどうかの選択を行います。


    「詳細」をクリックすると、以下のように削除対象のパッケージの一覧が表示されます。


    「削除」ボタンをクリックすれば、サポートされていないパッケージが削除されます。
    「そのまま」ボタンをクリックすれば、サポートされていないパッケージが削除されず残ります。

    この環境では「削除」ボタンをクリックしました。

9.アップグレード完了

  アップグレードが完了すると、以下の画面が表示されます。
  「すぐに再起動」ボタンをクリックし、PCを再起動します。


10.Ubuntu 14.04の起動

  Ubuntu 14.04を起動します。

  10-1.ブートメニュー

    PCを再起動すると、環境によっては以下のようにブートメニューが表示されます。


  「Ubuntu」を選択して「エンター」キーを押します。

    補足

      この環境では、他のパーティションに「Ubuntu 12.10」/「Ubuntu 13.04」/「Ubuntu 13.10」がインストールされているため、異なるバージョンのUbuntuを起動する項目が表示されていますが、気にしないでください。

  10-2.デスクトップ画面

    ログインするとUbuntu 14.04のデスクトップ画面が表示されます。


  10-3.システム設定

    「システム設定」を起動し「詳細」をクリックすると、「Ubuntu 14.04 LTS」になっていることが分かります。


    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行すると「Ubuntu 14.04.1 LTS」になっていることが分かります。

lsb_release -a




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション