kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

シンプルプレースホルダー

  「シンプルプレースホルダー」は、スニペット挿入時にユーザーが編集する文字列の箇所を定義する「プレースホルダー」です。


シンプルプレースホルダーのフォーマット

  「シンプルプレースホルダー」のフォーマットは、以下のようになります。

${番号}

  番号について

    番号は1以上の数値を指定します。
    番号は、「プレースホルダー」間を移動する順番になります。

    最も小さい番号を指定された「シンプルプレースホルダー」は、スニペットをドキュメントに挿入した時に、一番最初にフォーカス(キャレット)がセットされます。

    また、番号の小さい順に「プレースホルダー」間を移動することができます。
    番号は連番である必要も「1」から始める必要もありませんが、分かりやすい番号を指定しておきましょう。

デフォルト値を指定するには

  「シンプルプレースホルダー」はデフォルト値を設定することができます。
  スニペットをドキュメントに挿入した時に、デフォルト値がそのままドキュメントに展開されます。

  以下のように記述します。

${番号:デフォルト値}

スニペットの記述例

  スニペットの記述例です。

  「シンプルプレースホルダー」を3つ使用しています。
  また各「シンプルプレースホルダー」にデフォルト値を設定しています。 


リスト
  ${1:アイテム1},${2:アイテム2},${3:アイテム3}

スニペットの使用例

  ドキュメントに上記のスニペットを挿入すると、以下のようになります。

  1.タブの入力

    スニペットを挿入するため、上記のスニペットに設定してある「タブ」を入力します。


  2.スニペットの挿入

    「Tab」キーを押すと、以下のようにスニペットの内容がドキュメントに展開されます。
    「シンプルプレースホルダー」は、実線の枠で表示されます。


    各「シンプルプレースホルダー」にデフォルト値を設定しているため、「アイテム1」といったデフォルト値がドキュメントに展開されています。

    また、すべての「プレースホルダー」の中で最も番号の小さい「${1:アイテム1} 」に、フォーカスが設定されています。

  3.${1:アイテム1}の編集

    一番最初にフォーカスが設定されるので、そのまま文字を入力すれば「${1:アイテム1}」の編集が可能です。


  4.${2:アイテム2}に移動

    「Tab」キーを押すと、次に番号の小さい「${2:アイテム2}」にフォーカスが設定されます。


  5.${2:アイテム2}の編集

    フォーカスが設定されている状態、もしくはキャレットが設定されている状態で文字を入力すれば、「${2:アイテム2}」の編集が可能です。


  6.${3:アイテム3}に移動

    「Tab」キーを押すと、次に番号の小さい「${3:アイテム3}」にフォーカスが設定されます。


  7.${3:アイテム3}の編集

    フォーカスが設定されている状態、もしくはキャレットが設定されている状態で文字を入力すれば、「${3:アイテム3}」の編集が可能です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション