kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

スニペットの記述方法

  スニペットの記述方法です。


  通常の文字列とプレースホルダー

    スニペットは通常の文字列と、特別な意味を持つ「プレースホルダー」の2種類を組み合わせて記述します。

    組み合わせて利用するといっても、いずれも使用は任意です。
    通常の文字列だけでスニペットを記述しても良いですし、「プレースホルダー」だけでスニペットを記述しても良いです。

  プレースホルダーの種類

    「プレースホルダー」には、機能に応じていくつか種類があります。


通常の文字列だけでスニペットを記述する

  通常の文字列だけでスニペットを記述します。

  通常の文字列は、ドキュメントにスニペットを挿入した際、そのまま文字列としてドキュメントに展開されます。

  スニペットの記述例

    スニペットの記述例です。
    「プレースホルダー」を使用せずに、通常の文字列だけでスニペットを記述しています。


リスト
  りんご,みかん,ぶどう

①りんご
②みかん
③ぶどう

スニペットの使用例

  ドキュメントに上記のスニペットを挿入すると、以下のようになります。

  1.タブの入力

    スニペットを挿入するため、上記のスニペットに設定してある「タブ」を入力します。


  2.スニペットの挿入

    「Tab」キーを押すと、以下のようにスニペットの内容がそのままドキュメントに展開されます。




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション