kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

スニペット内で環境変数を利用する

  コードスニペットプラグインでは、スニペット内で利用できる環境変数を提供しています。
  「プレースホルダー」内でも、通常の文章内でも、この環境変数を利用できます。


利用できる環境変数

  利用できる環境変数は以下の通りです。

  $GEDIT_SELECTED_TEXT

    現在選択されている文字列です。

  $GEDIT_CURRENT_WORD

    現在キャレットがある位置の単語です。

  $GEDIT_CURRENT_LINE

    現在キャレットがある行の文字列です。

  $GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER

    現在キャレットがある行の行番号です。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR

    ドキュメントのファイルのパスです。
    ファイル名は含まれません。

    ドキュメントがファイルに保存されていない場合、パスは取得できません。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME

    ドキュメントのファイル名です。
    パスは含まれません。

    ドキュメントがファイルに保存されていない場合、ファイル名は取得できません。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH

    ドキュメントのファイルのパスです。
    ファイル名が含まれるフルパスです。

    ドキュメントがファイルに保存されていない場合、パスは取得できません。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_SCHEME

    ドキュメントのファイルのURIのスキーマです。
    ドキュメントがファイルに保存されていない場合、スキーマは取得できません。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_URI

    ドキュメントのファイルのURIです。
    ドキュメントがファイルに保存されていない場合、URIは取得できません。

  $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE

    ドキュメントのMIMEタイプです。

  $GEDIT_DOCUMENTS_URI

    現在開いているすべてのドキュメントのファイルのURIです。

  $GEDIT_DOCUMENTS_PATH

    現在開いているすべてのドキュメントのファイルのパスです。
    ファイル名が含まれるフルパスです。

スニペットの記述例

  スニペットの記述例です。


スニペットで利用できる環境変数一覧

現在選択されているテキスト:$GEDIT_SELECTED_TEXT
キャレットの位置にある単語:$GEDIT_CURRENT_WORD
キャレットがある行の文字列:$GEDIT_CURRENT_LINE
キャレットがある行の行番号:$GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER
ドキュメントのファイルのパス:$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR
ドキュメントのファイル名:$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME
ドキュメントのファイル名(フルパス):$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
ドキュメントのURIのスキーマ:$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_SCHEME
ドキュメントのURI:$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_URI
ドキュメントのMIMEタイプ:$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE

スニペットの使用例

  ドキュメントに上記のスニペットを挿入すると、以下のようになります。

  1.タブの入力

    スニペットを挿入するため、上記のスニペットに設定してある「タブ」を入力します。


  2.スニペットの挿入

    「Tab」キーを押すと、以下のようにスニペットの内容がドキュメントに展開されます。


    環境変数を記述したところは、それぞれ環境変数の文字列に置き換わります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション