kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ファイルブラウザーからドキュメントを開く

  ファイルブラウザーからドキュメントを開きます。
  複数のドキュメントをまとめて開くこともできます。

  1.ドキュメントの選択

    開きたいドキュメント(ファイル)を選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数のドキュメント が選択できます。

  2.ドキュメントを開く

    ドキュメントを1つだけ選択した場合は、その選択したドキュメントをダブルクリックします。

    複数のドキュメントを選択した場合は、選択したドキュメントを右クリックし、表示されるメニューから「開く」をクリックします。


  3.ドキュメントの表示

    以下のように選択されたドキュメントが「gedit」で開かれ表示されます。


サブフォルダーをドキュメントルートにする

  サブフォルダーをドキュメントルートにします。
  ファイルからドキュメントルートを設定することもできます。

  1.フォルダーの選択

    ドキュメントルートに設定したいサブフォルダーを選択します。
    サブフォルダーのさらにサブフォルダーを選択しても良いです。


    ファイルを選択した場合、そのファイルが含まれるフォルダーが選択されたものとして扱われます。

  2.ドキュメントルートの変更

    サブフォルダーを選択した場合は、そのサブフォルダーをダブルクリックします。

    ファイルを選択した場合は、選択したファイルを右クリックし、表示されるメニューから「ドキュメントのルートにする」をクリックします。


    注意(2014/8/24)

      「gedit」で1つ以上のドキュメントが開かれていないと、「ドキュメントのルートにする」がクリックできません。

  3.ドキュメントルートの変更完了

    以下のようにドキュメントルートが変更されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション