kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Kateモードラインの記述方法

  「Kate」のスタイルでモードラインを記述する方法です。


  モードラインの記述位置

    モードラインの記述は、ドキュメントの先頭10行以内に記述するか、もしくは、ドキュメントの末尾10行以内に記述します。

フォーマット

  フォーマットは以下のようになります。

任意のテキスト kate: オプション オプション ・・・ 任意のテキスト

  任意のテキスト

    任意のテキストを記述できます。
    省略可能です。

  オプション

    以下のフォーマットで設定を記述します。
    オプションの内容は後述します。

設定 設定値;

  記述例

    記述例です。
    テキストの折り返しを無効にし、ハイライトモードに「C/C++/ObjC のヘッダー」を指定しています。

// kate:syntax chdr; word-wrap false;

class myClass{
  public:
    myClass(int val);
    virtual ~myClass();

  public:
    int getValue();
    bool setValue(int val);

  private:
    int value;
};



Kateモードラインで指定できるオプション

  Kateモードラインで指定できるオプションの一覧です。

  シンタックス(hl, syntax)

    ドキュメントのシンタックスを指定します。
    「gedit」ではここに記述されたシンタックスを、ハイライトモードのモードに使用します。

    シンタックスの識別子は、「ファイルタイプの識別子」を参考にしてください。

    記述例


kate: syntax=chdr

  タブの代わりにスペースを挿入する(space-indent)

    タブの代わりにスペースを挿入する設定です。

    設定を有効にする記述例


kate:space-indent on;
kate:space-indent true;
kate:space-indent 1;

    設定を無効にする記述例


kate:space-indent off;
kate:space-indent false;
kate:space-indent 0;

  タブの幅(tab-width)

    タブの幅の設定です。

    記述例


kate: tab-width=4

  インデント幅(indent-width)

    インデントの幅を指定します。
    インデントの幅を指定しなかった場合、インデント幅はタブの幅と同じになります。

    記述例


kate: indent-width=4

  テキストの折り返しを有効にする(word-wrap)

    テキストの折り返しを有効にする設定です。

    設定を有効にする記述例


kate:word-wrap on;
kate:word-wrap true;
kate:word-wrap 1;

    設定を無効にする記述例


kate:word-wrap off;
kate:word-wrap false;
kate:word-wrap 0;

  行の右マージンを表示する(word-wrap-column)

    行の右マージンを表示する設定です。

    記述例


kate: word-wrap-column=30


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション