kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

3.ドキュメントの保存設定

  ツールを実行する前に、ドキュメントをファイルに保存するかどうかの設定です。


  「保存」ボタンをクリックすると、以下のメニューが表示されます。
    ドキュメントの保存設定を以下のメニューから選択します。


  なし

    ツールを実行する前にドキュメントの保存を行いません。
    ツールがドキュメントのファイルにアクセスする場合、編集前のドキュメントを参照することになります。

  編集中のドキュメント

    現在編集している(表示している)ドキュメントをファイルに保存してからツールを実行します。

    すべてのドキュメントが保存されるバグ(2014/9/2)

      現在編集しているドキュメントが編集されている場合、「編集中のドキュメント」を選択してもすべてのドキュメントがファイルに保存されます。

      すなわち「すべてのドキュメント」を選択した状態と同じ状態になります。

  すべてのドキュメント

    開いているドキュメントをすべてファイルに保存してからツールを実行します。
    ただし別のウィンドウで開いているドキュメントは、保存の対象になりません。

  ファイルに関連付けられていないドキュメントについて

    ファイルに関連付けられていないドキュメント(まだ一度もファイルに保存したことのないドキュメント)は、ドキュメントの保存画面が表示されます。


    ドキュメントをファイルに保存してください。

4.ツールの標準入力の設定

  ツールの標準入力に渡す内容の設定です。


  ツールのサンプル

    ここでは、以下のツールを使用して結果を表示しています。


  入力メニュー

    「入力」ボタンをクリックすると、以下のメニューが表示されます。
      ツールの標準入力に渡す内容を以下のメニューから選択します。


  なし

    標準入力に何も設定しません。

  編集中のドキュメント

    現在編集している(表示している)ドキュメントのテキストを標準入力に設定します。

  現在の選択範囲

    現在選択しているテキストを標準入力に設定します。


    テキストが選択されていない場合、空文字が標準入力に設定されます。


  現在の選択範囲(デフォルトではドキュメントになります)

    現在選択しているテキストを標準入力に設定します。
 

    テキストが選択されていない場合、ドキュメントのテキストが標準入力に設定されます。


  カーソルがある行

    現在カーソル(キャレット)がある行のテキストを標準入力に設定します。


  カーソルがある文字

    現在カーソル(キャレット)がある場所の単語を標準入力に設定します。
    日本語では単語を正しく認識できないため、この選択肢は選ばない方がよいでしょう。


    単語を認識出ない場合、ツールは実行されません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション