kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

並び替えプラグイン

  「並び替え」プラグインは、行単位でテキストの並び替えを行うプラグインです。


  「LibreOffice Calc」の行単位での並び替えと似たような機能です。

プラグインを有効にする

  「並び替え」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「並び替え」にチェックを入れます。


並び替えを行う

  テキストの並び替えは、ドキュメント内のテキスト、もしくは、選択されている行に対して行うことができます。

1.並び替え画面の表示

  並び替えの対象にするテキストの設定と並び替え画面の表示を行います。

  1-1.ドキュメント内のテキストを並び替える場合

    ドキュメント内のテキストを並び替える場合、何も選択されていない状態にします。


  1-2.特定の行内のテキストを並び替える場合

    特定の行内のテキストを並び替える場合、並び替えの対象にする行を選択します。


  1-3.並び替え画面の表示

    「編集」メニューを開き、「並び替え」をクリックします。


2.並び替えの設定

  以下のように並び替え画面が表示されます。


  必要な設定を行い「並び替え」ボタンをクリックします。

  逆順にする

    チェックをオンにすると、並び替えを逆順で行います。

  重複する部分を削除する

    チェックをオンにすると、同じ内容の行を削除します。

  大/小文字を区別する

    チェックをオンにすると、アルファベットの大文字・小文字を区別して並び替えを行います。
    チェックをオフにすると、アルファベットの大文字・小文字を区別せず並び替えを行います。

  開始行

    比較を行う各行の文字の開始位置を指定します。
    例えば「2」と指定すると、各行の2文字目以降のテキストで比較を行います。

    「開始行」と表示されていますが、「文字の開始位置(列)」です。

  アンドゥできない

    画面にも表示されていますが、並び替え実行後にアンドゥ(並び替え間の状態に戻す)ことはできません。

    後でアンドゥしたい場合は、並び替えを行う前にドキュメントをファイルに保存しておき、並び替え後にドキュメントをファイルから読み込み直すとよいでしょう。

3.並び替え完了

  以下のように行の並び替えが行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション