kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コマンダープラグイン

  ドキュメントの操作をコマンドで行うプラグインです。


  grepによる検索を行い該当する文字が含まれる行のみを表示したり、ブックマークの操作など様々な操作を行うことができます。

プラグインを有効にする

  「コマンダー」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Commander」にチェックを入れます。


コマンダーを表示する

  コマンドの入力を行うには、まずコマンダーを表示する必要があります。

  1.コマンダーの表示

    「編集」メニューを開き「Command Mode」をクリックします。
    「Ctrl + .」キーを押しても良いです。


  2.コマンダー

    以下のようにコマンダーが表示されるので、コマンド入力を行いコマンドを実行します。


利用できるコマンドの一覧を表示する

  利用できるコマンドの一覧を表示します。

  1.フォーカスのセット

    コマンダーにフォーカスをセットします。


  2.コマンド一覧の表示

    「TAB」キーを押します。
    以下のようにコマンドの一覧と使い方が表示されます。


    一番左側に表示されている文字列がコマンドです。
    この一覧に表示されるテキストは折り返して表示されるので、「gedit」のウィンドウを最大化してコマンドの一覧を表示したほうが見やすいと思います。

コマンドのヘルプを表示する

  各コマンドのヘルプを表示します。

  1.コマンドの入力

    以下のフォーマットでコマンドを入力します。

help コマンド


  2.ヘルプの表示

    以下のようにコマンドのヘルプが表示されます。


コマンドの履歴からコマンドを実行する

  コマンダーに入力したコマンドは、コマンダーの履歴に保存されます。
  「Bash」のように履歴からコマンドを実行することができます。

  履歴からコマンドを実行する

    コマンダーにフォーカスをセットし、上カーソルキーを押します。
    以下のように履歴からコマンドが入力されます。


  「上カーソル」キーを押せば、履歴にある一つ前のコマンドが入力されます。
  「下カーソル」キーを押せば、履歴にある一つ次のコマンドが入力されます。

  特定の履歴からコマンドを実行する

    現在入力されているコマンドと前方一致するコマンドを、履歴から探し出すこともできます。
    例えば以下のように「find」と入力し、上カーソルキーを押します。


    以下のように「find」で始まるコマンドが、履歴から入力されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション