kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コマンドを補完する

  途中まで入力されたコマンドから、コマンドを補完することができます。

  1.コマンドの入力

    コマンドを途中まで入力します。


  2.コマンドの補完

    「TAB」キーを押すと、以下のようにコマンドが補完されます。


    もしコマンドに複数の候補がある場合、以下のように候補が表示されます。


    表示された候補から直接コマンドを選択して入力することはできませんが、表示された候補を参考にコマンドを入力すると良いでしょう。

    途中までコマンドを入力し「TAB」キーを押せば、入力されたコマンドの内容を元に、コマンドの補完が行われます。

現在のカーソルよりも前にある単語を削除する

  現在のカーソルよりも前にある単語を削除するキーバインドです。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「Ctrl + W」キーを押します。
    以下のように、現在のカーソルよりも前にある単語が削除されます。


カーソルを先頭に移動する

  カーソルを先頭に移動します。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「Ctrl + W」キーを押します。
    以下のように、カーソルが先頭に移動します。


カーソルよりも前の文字列を削除する

  カーソルよりも前にある文字列を削除します。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「Ctrl + U」キーを押します。
    以下のように、カーソルよりも前にある文字列が削除されます。


カーソルよりも後ろの文字列を削除する

  カーソルよりも後ろにある文字列を削除します。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「Ctrl + K」キーを押します。
    以下のように、カーソルよりも前にある文字列が削除されます。


カーソルを末尾に移動する

  カーソルを末尾に移動します。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「Ctrl + E」キーを押します。
    以下のように、カーソルが末尾に移動します。


コマンドを削除する

  入力されているコマンドを削除します。

  1.カーソルの位置

    ここでは例として、以下の位置にカーソルがあるとします。


  2.キーバインドの実行

    「ESC」キーを押します。
    以下のように、入力されたコマンドが削除されます。


情報ウィンドウを閉じる

  情報ウィンドウを閉じます。

  情報ウィンドウとは

    情報ウィンドウとは、コマンドのヘルプやエラーの表示などを行うウィンドウのことです。


  情報ウィンドウを閉じる

    コマンダーにフォーカスがセットされている状態で「ESC」キーを押せば、いつでも情報ウィンドウを閉じることができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション