kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カラースキームを編集する

  既存のカラースキームを編集します。

  システムカラースキームの編集について

    デフォルトでインストールされる全ユーザー共通して利用できるカラースキームは、編集することができません。

    システムカラースキームを編集したい場合、一旦システムカラースキームから新規にカラースキームを作成し、作成したカラースキームを編集するようにしてください。

1.カラースキームエディターの表示

  カラースキームエディターを表示します。

  1-1.編集するカラースキームの選択

    編集するカラースキームをgeditの設定画面で選択します。


  1-2.カラースキームエディターの表示

    カラースキームエディターを表示します。

2.言語とスタイルの選択

  編集する言語とスタイルを選択します。
  ここでは例として、テキストの文字色と背景色を編集します。

  1.言語の選択

    言語の一覧から言語を選択します。
    テキストの文字色と背景色を編集するため、言語の一覧から「Default styles」を選択します。


  2.スタイルの選択

    スタイル一覧から編集したいスタイルを選択します。
    テキストの文字色と背景色を編集するため、スタイルの一覧から「text」を選択します。


3.スタイルの編集

  スタイルを編集します。


  a

    フォントを太字(ボールド)にするかどうかの設定です。

    ボタンが押された状態が有効な状態です。
    ボタンをクリックすれば、有効・無効を切り替えることができます。

    一部のスタイルでは、フォントスタイルの設定が反映されません。

  a

    フォントを斜体(イタリック)にするかどうかの設定です。

    ボタンが押された状態が有効な状態です。
    ボタンをクリックすれば、有効・無効を切り替えることができます。

    一部のスタイルでは、フォントスタイルの設定が反映されません。

  a

    フォントを下線(アンダーライン)にするかどうかの設定です。

    ボタンが押された状態が有効な状態です。
    ボタンをクリックすれば、有効・無効を切り替えることができます。

    一部のスタイルでは、フォントスタイルの設定が反映されません。

  a

    フォントを取り消し線(ストライクスルー)にするかどうかの設定です。

    ボタンが押された状態が有効な状態です。
    ボタンをクリックすれば、有効・無効を切り替えることができます。

    一部のスタイルでは、フォントスタイルの設定が反映されません。

  Foreground

    チェックをオンにすると、文字色を指定することができます。
    チェックがオフならば、デフォルトの設定が使用されます。

    カラーボタンをクリックすると、以下のように色選択画面が表示されるので色を選択します。


    色選択画面の使い方は、「色選択画面」を参考にしてください。
    一部のスタイルでは、カラーの設定が反映されません。

  Background

    チェックをオンにすると、文字の背景色を指定することができます。
    チェックがオフならば、デフォルトの設定が使用されます。

    カラーボタンをクリックすると、以下のように色選択画面が表示されるので色を選択します。


    色選択画面の使い方は、「色選択画面」を参考にしてください。
    一部のスタイルでは、カラーの設定が反映されません。

  「Clear」ボタン

    「Clear」ボタンをクリックすると、スタイルの定義が削除されます。
    スタイルを削除すると、デフォルトのスタイルが使用されます。

    「Clear」ボタンが無効になっている場合は、スタイルが削除され定義されていない状態を示しています。

  スタイルの編集例

    ここでは例として、以下のようにスタイルを編集しました。


4.スタイルの保存

  スタイルの編集が完了したら、カラースキームを保存します。

  カラースキームの保存

    画面右下の「保存」ボタンをクリックしてカラースキームを保存します。


  カラースキーム保存時にエラーが出る場合

    システムのカラースキームを編集して保存しようとした時など、カラースキームが保存できない場合は以下のようにエラー画面が表示されます。


    新規にカラースキームを作成するなどして、カラースキームを編集し直すと良いでしょう。

5.カラースキームの確認

  後はカラースキームが適用されているか確認して完了です。

 
 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション