kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Advanced Find/Replaceタブの使い方

  「ボトムパネル」に表示される「Advanced Find/Replace」タブの使い方です。

  「Advanced Find/Replace」画面から「Find All」や「Replace All」で文字列の検索や置き換えを行うと、 以下のように「ボトムパネル」に「Advanced Find/Replace」タブが表示されます。
  

Advanced Find/ReplaceタブのUI構成

  「Advanced Find/Replace」タブのUI構成です。


1.検索結果

  文字列の検索や置き換え結果の一覧です。


  #数値

    文字列の検索や置き換え結果は、新たに検索などを行っても削除されません。
    新たに文字列の検索や置き換えを行うと、その結果が一覧の一番下に追加されます。

    「#数値」は結果に付けられた番号です。
    検索や置き換えを行った順に、番号が付けられていきます。

    番号は「0」から始まります。
   

  Search/Replace

    文字列の検索結果は「Search」と表示され、検索した文字列が表示されます。
    文字列の置き換え結果は「Replace」と表示され、検索した文字と置き換えた文字が表示されます。

  ○ hits in ○ files

    検索条件に該当した文字列の総数(○ hits)と、その文字列を含むファイルの総数(○ files)が表示されます。

  ファイルの一覧

    結果を開くと、以下のようにファイルの一覧が表示されます。


  文字列の一覧

    さらにファイルを開くと、以下のように文字列の一覧が表示されます。


    文字列の項目をクリックすると、その文字列があるドキュメントが表示され、文字列が選択されます。


2.「Next」ボタン

  次の項目を選択します。
  項目が展開されていない時は、項目を展開してから次の項目を選択します。


3.「Expand All」ボタン

  展開できる項目を、すべての展開します。


  コンテキストメニュー

    結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Expand All」をクリックしても同じ結果が得られます。


4.「Collapse All」ボタン

  折りたためる項目を、すべて折りたたみます。


  コンテキストメニュー

    結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Collapse All」をクリックしても同じ結果が得られます。


5.「Clear Highlight」ボタン

  ドキュメントの強調表示をすべてクリアします。
  ドキュメントの強調表示とは、以下のように検索や置換えを行った文字列の強調表示のことです。


  「Clear Highlight」ボタンをクリックすると、以下のように強調表示をクリアします。 


  コンテキストメニュー

    結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Clear Highlight」をクリックしても同じ結果が得られます。


6.「Clear」ボタン

  結果をすべて削除します。


  コンテキストメニュー

    結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Clear」をクリックしても同じ結果が得られます。


7.「Stop」ボタン

  文字列の検索や置換えを中止します。

  フォルダー内の大量のファイルから文字列を検索するときなど、処理に時間がかかるときはこの「Stop」ボタンが有効になります。

  コンテキストメニュー

    結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Clear」をクリックしても同じ結果が得られます。


ボタンの表示・非表示を切り替える

  上記で紹介した「2.」〜「7.」のボタンは、表示・非表示を切り替えることができます。

  結果一覧を右クリックして表示されるメニューから、「Show Buttons」を選択すると、以下のようにボタンの一覧が表示されます。


  現在表示されているボタンの項目には、チェックマークが表示されます。
  各項目をクリックすることで、表示・非表示を切り替えることができます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション