kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Macropyプラグイン

  「Macropy」プラグインは、キー入力のマクロを作成するプラグインです。


  キーボードからのキー入力をマクロとして記録し、後でマクロを実行することができます。
  マクロを実行すると、記録したキー入力と同じ入力が行われます。

  キー入力の記録はキーイベントを記録するため、文字の入力だけでなくカーソルの移動なども記録されます。

プラグインを有効にする

  「Macropy」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Macropy」にチェックを入れます。


マクロを作成する

  マクロを作成します。

  1.記録開始

    「ツール」メニューを開き「Macro」を選択します。
    表示されるサブメニューから「Start Recording Macro」をクリックします。


  2.キー入力

    キー入力を行います。
    ここでは例として、以下のようにキー入力を行いました。


  3.記録終了

    キー入力を行ったら、「ツール」メニューを開き「Macro」を選択します。
    表示されるサブメニューから「Stop Recording Macro」をクリックします。


    これでマクロが作成されました。

マクロを実行する

  作成したマクロを実行します。

  1.カーソル位置の設定

    現在カーソル位置からキー入力が実行されるため、予めカーソル位置を調整しておきます。


  2.マクロの実行

    「ツール」メニューを開き「Macro」を選択します。
    表示されるサブメニューから「Playback Macro」をクリックします。


  3.マクロの実行完了

    以下のように、マクロに記録されたキー入力が実行されます。


マクロを作成できないバグ(2014/10/7)

  マクロを作成できないバグがあります。
  ソースコードを修正します。

  1.ソースコードを開く

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /usr/lib/gedit/plugins/macropy/macropy.py


  2-1.修正箇所の確認(1箇所目)

    修正箇所の確認を行います。
    修正箇所は2箇所あります。

    まず1つ目です。
    95行目付近の以下の1行を修正します。


        self.window.set_data('Macro1PluginHandlers', handlers)

  2-2.修正(1箇所目)

    以下のように修正します。


        setattr(self.window,'Macro1PluginHandlers', handlers) 

  3-1.修正箇所の確認(2箇所目)

    次の修正箇所です。
    102行目付近の以下の1行を修正します。


        handlers = self.window.get_data('Macro1PluginHandlers')

  3-2.修正(2箇所目)

    以下のように修正します。


        handlers = getattr(self.window,'Macro1PluginHandlers',None)

  4.動作確認

    ファイルを上書き保存して、「gedit」を終了します。
    「gedit」を起動し、マクロの作成ができるか確認します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション