kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Open URI ContextMenuプラグイン

  「Open URI ContextMenu」プラグインは、文章内のURLやファイルを開くプラグインです。


  ブラウザーや「gedit」で文章内のURLやファイルを開くことができます。

プラグインを有効にする

  「Open URI ContextMenu」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Open URI Context Menu」にチェックを入れます。


  補足

    文章内のURLやファイルのパスに日本語が含まれていると、URLやパスが途中で途切れます。

URL(http/https)を開く

  「http」もしくは、「https」で始まるURLを開きます。
  URLは以下のいずれかで開くことができます。

  • ブラウザー
  • gedit

  1.コンテキストメニューの表示

    開きたいURL上で右クリックします。


  2.開くアプリの選択

    以下のようにコンテキストメニューが表示されるので、URLを開く方法を選択します。


    Browse to

      URLをブラウザーで開きます。

    Open

      URLを「gedit」で開きます。

  3-1.ブラウザーで開いた場合

    URLをブラウザーで開いた場合、以下のようにブラウザーが起動し、Webサイトが表示されます。


  3-2.geditで開いた場合

    URLを「gedit」で開いた場合、以下のようにURLの内容が読み込まれます。


  補足

    「www.」で始まる文章もURLとして認識されます。
    この場合、「http://」が自動的にURLに加えられます。

URIを開く

  URIを「gedit」で開きます。
  以下のスキームに対応しています。

  • file
  • ftp
  • sftp
  • smb
  • dav
  • davs
  • ssh

  1.コンテキストメニューの表示

    開きたいURI上で右クリックします。


  2.geditで開く

    以下のようにコンテキストメニューが表示されるので、「Open 'URI'」をクリックします。


  3.ドキュメントの表示

    以下のように、URIが「gedit」で開かれます。


絶対パスのファイルを開く

  絶対パスのファイルを「gedit」で開きます。
  「/」で始まるファイルのパスは、絶対パスとして認識されます。

  1.コンテキストメニューの表示

    開きたいファイルのパス上で右クリックします。


  2.geditで開く

    以下のようにコンテキストメニューが表示されるので、「Open 'ファイルのパス'」をクリックします。


  3.ドキュメントの表示

    以下のように、ファイルが「gedit」で開かれます。

相対パスのファイルを開く(パス無し)

  相対パスのファイルを「gedit」で開きます。
  基準となるパスは、現在表示しているドキュメントのファイルがあるフォルダーのパスです。

  1.コンテキストメニューの表示

    開きたいファイルのパス上で右クリックします。


  2.geditで開く

    以下のようにコンテキストメニューが表示されるので、「Open 'ファイルのパス'」をクリックします。


相対パスのファイルを開く(パス有り)

  相対パスのファイルを「gedit」で開きます。
  基準となるパスは、現在表示しているドキュメントのファイルがあるフォルダーのパスです。

  こちらはサブフォルダーのパスが記述されている例です。

  1.コンテキストメニューの表示

    開きたいファイルのパス上で右クリックします。


  2.geditで開く

    以下のようにコンテキストメニューが表示されるので、「Open 'ファイルのパス'」をクリックします。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション