kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

タブ復元プラグイン

  「タブ復元」プラグインは、「gedit」を終了した時に開いていたドキュンメントを、「gedit」を起動した時に自動的に開くプラグインです。


プラグインを有効にする

  「タブ復元」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Restore Tabs」にチェックを入れます。


  プラグインを有効にするだけで、タブの復元機能が利用できます。

タブ復元プラグインの使い方

  タブ復元プラグインの使い方です。

  1.終了する前のドキュンメント

    「gedit」を終了する前に、以下の3つのドキュンメントを開いています。


    「gedit」を終了させます。

  2.geditの起動

    「gedit」を起動すると、以下のように「gedit」を終了した時に開いていたドキュメントが開かれます。


gedi起動時にドキュメントが開かれないバグ(2014/10/11)

  「gedit」起動時に、「gedit」を終了した時に開いていたドキュメントが開かれないバグが有ります。

  この問題を修正するには、ソースコードを修正する必要があります。

  1.ソースコードを開く

    「root」で「gedit」を起動し、ソースコードを修正します。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit  /usr/lib/gedit/plugins/restoretabs/restoretabs.py


  2.修正箇所の確認

    47行目の以下の赤線の箇所を修正します。


if tab.get_state()

  3.修正

    以下のように修正します。


if tab and tab.get_state()

  4.動作確認

    ソースコードを修正したら、ファイルを上書き保存します。
    「gedit」を起動し、「タブ復元」プラグインが動作するか確認します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション